2019年4月26日金曜日

もう一つ、輸入サプリメントを紹介します。
必須ミネラルである鉄(iron)です。

鉄には、動物性食品に含まれるヘム鉄と植物性食品に含まれる非ヘム鉄があります。
吸収率はヘム鉄の方がすぐれ(20数%)、非ヘム鉄の吸収率は10%未満です。

サプリメントもヘム鉄と非ヘム鉄の両方ありますが、圧倒的に多いのは非ヘム鉄の方です。
ヘム鉄のサプリメントはコスト高になるのと独特の臭いがある、などの理由であまり出回っていないのではないかと考えられます。

アメリカの鉄サプリメントには、ヘム鉄でも非ヘム鉄でもない「第3の鉄」が存在します。
キレート鉄(フェロケル)と呼ばれるものです。
キレートとは「取り囲む」という意味で、キレート鉄はアミノ酸で特殊キレート加工された鉄のことをいいます。
胃にやさしく便秘になりにくいだけではなく、キレート加工によって吸収率がヘム鉄と比べても数倍に跳ね上がります。

アメリカなど海外では、臨床の場ではヘム鉄はほとんど使われず(思ったほど効果が出ないらしい)、代わりにキレート鉄が飲まれています。

数か月間飲み続けていると、潜在的な鉄欠乏を反省するフェリチン値が確実に上昇します。

0 件のコメント:

コメントを投稿