2019年3月30日土曜日

イチョウ葉エキス

スカベンジャー、第3弾はイチョウ葉エキスです。

イチョウ葉エキスには30種類のフラボノイドが含まれ、なかでも6種類の二重フラボノイドの抗酸化作用は強力です。
二重フラボノイドは、2つのフラボノイドが重なった成分で、それだけ活性酸素の除去能力を有するからです。

フラボノイドが働く場所は、とりわけ血管(なかでも毛細血管)です。血管の材料であるコラーゲン、血管の弾力性を維持するエラスチンの酸化を抑制し、結果として血流を改善します。

なかでも脳動脈の血流を促進させることから、記憶力の低下の抑制、アルツ ハイマー予防に効果があると言われています。
それ以外では、糖尿病性網膜症、耳鳴り、めまいの改善が期待できます。

イチョウ葉エキスはインスリン分泌にも影響を及ぼすため、糖尿病のある場合には医師と相談してから使用したほうがよいでしょう。
また、抗血液凝固促進作用があり、アスピリン(抗血液凝固作用)との併用には注意が必要です。 

0 件のコメント:

コメントを投稿