2019年1月29日火曜日

『Newton』 コラーゲン

コラーゲンのサプリメントが各社から販売されています。美容に関心の高い人を中心に支持されているようです。

ただ、コラーゲンはタンパク質の1種です。口から摂取しても胃や十二指腸などで分解作用を受けてしまい、小腸から吸収されるときにはバラバラのアミノ酸になってしまう。したがって、コラーゲンを飲んでもコラーゲンが形成されない、というのが長い間の定説です。

『Newton』特集の記事でも、そのように結論づけています。

が、近年になって新たなことが分かってきました。

コラーゲンを構成する主要なアミノ酸は、グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンの3つ。この3つで、全体の約半分を占めます。
この3つのアミノ酸が結合したコラーゲンペプチドは消化酵素の作用を受けにくい性質を持ち、そのままの状態で吸収されます

吸収されたコラーゲンペプチドを骨格としてコラーゲンを構成するのは難しいことではありません。
この過程を経て、サプリメントのコラーゲンが体内のコラーゲンの材料になります。
ただし、より吸収率を上げるためには、コラーゲンペプチドという最小の状態まで切断された商品を選ぶ必要があります。たんに「低分子化」と書かれているだけでは、効果半分になるかもしれません。

なお、コラーゲン形成のためにビタミンCが必要だということは、よく知られています。プロリンを材料にヒドロキシプロリンをつくる場面でビタミンCが働きます。




0 件のコメント:

コメントを投稿