2019年1月19日土曜日

『Newton』 ビーガン

事情により間が空きましたが、今日からブログ再開です。
『Newton』特集の記事、今回はビーガンです。

厳格な菜食主義者のことをビーガンといったりします。ビーガンにもいくつかの段階があるようですが、動物性食品は一切食べないことを基本とします。

ビーガンにはビーガンなりの持論があり、そこに口を挟もうとは思いません。
記事では、動物性食品にしか含まれないビタミンB12が欠乏する恐れを指摘しています。

が、分子栄養学の立場から見ると、むしろタンパク不足が必至となることの方が問題です。

一般に、卵、肉、魚、大豆製品、牛乳・乳製品のことを5大タンパク食品といいます。
それ以外の野菜、果物、穀物などにもタンパク質は含まれますが、まとまった量を摂ろうと思えば、やはり5大食品のウエイトは大きくなります。

その5大食品の内、大豆食品を除いた4つは動物性です。ビーガンでも十分なタンパク質を摂ろうと思えば、大豆食品のウエイトが限りなく高くなります。

実際には、豆腐や納豆、煮豆、枝豆、油揚げ、湯葉、きな粉 etc. ばかり毎日食べていたのでは飽きてしまいます。
また、大豆に含まれるポリフェノール類のイソフラボンはさまざまなプラス効果が期待できますが、過剰に摂りすぎるとマイナス効果(乳がんのリスクなど)になる懸念があります。

5大食品をバランスよく食べることによって、十分なタンパク質を無理なく摂取することが可能になります。
分子栄養学のコアであるメガタンパクの基本です。

0 件のコメント:

コメントを投稿