2019年3月22日金曜日

松樹皮エキス

抗酸化サプリメント、αリポ酸の次は松樹皮エキス。

これは、フランス南部で生育する海岸松樹皮からの抽出物。多くのサプリメントは、ピクノジェノール(スイス・ホーファーリサーチ社の商標)の名前で販売されています。

OPC(オリゴメリック・プロシアニジン)ともいいます。

松樹皮エキスには40種類以上のフラボノイドが含まれ、強力な抗酸化作用を持ちます。
また、αリポ酸同様に、ビタミンCやビタミンE、さらにコエンザイムQ10の働きを助け、再生します。

とりわけ、血管に対してはすぐれた効用が判明しています。老化した血管を若返らせるほどの薬効を持っています。
さまざまな症状にも対応しますが、なかでも子宮内膜症や月経困難症など、女性特有の症状の改善に効果があると言われています。

私が知るかぎり、国内ではDHC社から販売されています。
小林製薬からは、ピクノジェノールと還元型コエンザイムQ10をミックスしたサプリメントが販売されています。
そんなに高くはありません。

2019年3月15日金曜日

α リポ酸

今回から、がん予防に効果があると思われるサプリメントを見ていきます。
琉球温熱では扱っているカテゴリーは随分前に取り上げているので、それ以外のものを紹介します。

がんを予防の大きな柱は活性酸素対策です。そこで、抗酸化作用が期待できる栄養素を摂取する必要があります。分子栄養学の大家、三石巌氏は、それをスカベンジャーと名付けました。
抗酸化作用があるサプリメントといえば、まずはビタミンC(水溶性)とビタミンE(脂溶性)です。
この2つは、抗酸化サプリメントの基本中の基本ともいえるでしょう。

それを前提に、プラスするといいのはαリポ酸

αリポ酸は、それ自体も強い抗酸化作用を持ちます。
が、それだけではなく、ビタミンCやビタミンEを復元し、血清濃度を維持する働きがあります。
ビタミンCとビタミンEを再生するということは、水溶性にも脂溶性にも働きかける能力を持つということです。

そういう意味で、αリポ酸はかなりのすぐれモノです。 

αリポ酸のもう一つの顔として、糖質代謝を促進して、2型糖尿病の症状を改善する(インスリン抵抗性の改善)ことが期待できます。
ヨーロッパでは、広く医薬品として用いられています。 

αリポ酸は反応性が高い物質です。反応性が高いとは、他の物質と化学反応を起こして、その物質自体が変化しやすいということです。
そのため、αリポ酸の摂取は、他の食物と反応しやすい食後ではなく、空腹時に飲むのがベターです。

推奨量は、1日に50~100mgです。


2019年3月8日金曜日

50代の読書

最近、世俗的で現代とマッチする小説を読みます。
そのなかで、垣谷美雨さんの作品が楽しく読破できます。
登場人物の年代が近いので、親しみが湧くのでしょう。

左の『老後の~』は、それほど蓄えが潤沢ではない50代夫婦が主人公。
見栄や世間体にこだわるあまり、娘のために分不相応な結婚式の援助をして数百万円を使ってしまう。
親の葬式には、同じ理由で祭壇や棺桶のランクを引き上げてしまい、あっという間に大金が飛んでいってしまう。
そうこうするうち、老後の資金も底をつき始め、「さあ、どうする」といった話。


何にお金を使おうが自由ですが、そのうちの少しでも良い食材やサプリメントに回すことができれば、間違いなく健康になるでしょう。



右の『 if 』は、「もしもあのときに戻って、そこからやり直せたら」の if
末期がん患者4人の物語。余命いくばくもない状況で、「あのとき」のことが悔やんでも悔やみきれず、もう1回やり直したい。では、実際にそれを叶えてみましょう。
そして、実際にやり直してみたら・・・(部分的にファンタジーです)。


残念ながら、がんになってしまった、という後悔のことではありません。
そんな内容では、小説としては面白くないでしょう。
けれども20年前に戻って、そこから予防に取り組んでいれば、この4人は多分がんには罹らなかったはずです。


強引な持っていき方ですが、次回のブログから、がんの予防に効果があると思われるサプリメントを紹介します。


余談です。垣谷さんの作品に『夫の墓には入りません』というのがあります。
私も、そう言われないように努力しなければ。

2019年3月2日土曜日

安全なベーコン

昨年、東京で開催した栄養学講習で糖質制限食を取り上げました。糖質制限食を成功させるアイテムは、糖質は少なく、タンパク質と脂質が豊富な食材です。
それは例えば、卵、牛や豚のバラ肉、またはロース、お魚全般、バター、チーズ、ナッツ類などが該当します。

その中の一つにベーコンが登場しました。
ベーコン40当たりの糖質は、わずか0.1g。それに対してタンパク質は5.2g、脂質は15.2g含まれます。
ベーコン卵は、朝食の定番メニュー。糖質制限食にはピッタリのようにも思えます。

が、ベーコンの不安要素は亜硝酸塩。前々回のブログで取り上げた発色剤です。
見た目の鮮やかさを保持するために、ほとんどすべての商品に亜硝酸塩が使用されています。
では、亜硝酸塩不使用の商品はあるのでしょうか。



探してみたら・・・・・ありました。亜硝酸ナトリウム不使用の商品が。
近くの大型スーパーで見つけたのは、信州ハムのベーコン
これ一つだけ。あとは全滅でした。

信州ハムは、かなり健康に配慮した商品を作ることで知られています。
信州ハム以外にも、日本ハムやイオンPB(プライベートブランド)の一部に、亜硝酸塩不使用の商品があると聞いています。


では、それ以外の商品は発がんのリスクが高いのかというと、そうとも言えません。
ビタミンCがニトロソアミンの発生を抑えることを前回のブログで記しました。それもあり、亜硝酸塩を使用している商品のほとんどにはビタミンCが添加されています。

ただし、添加されているビタミンCで、ニトロソアミンの発生を抑えるに十分な量かどうかは分かりません。心配な人は、食後にサプリメントでビタミンCを摂取した方がよいでしょう。


あくまでも、より安全を求める人は、信州ハムの商品を探してみてください。
信州ハム以外では、日本ハムやイオンのPB(プライベートブランド)商品の一部に亜硝酸塩不使用のものがあると聞いています。

2019年2月26日火曜日

よくある勘違い

一昨日と昨日は、所用で実家のある横浜へ。
横浜や東京に行くときには、出来るかぎり旧友や元同僚など、気の置けない人たちと会うことにしています。
今回もそのうちの一人と食事をしましたが、その時のひとコマ。

その人は十数年前に大病を患った経験があるため、一応は食事に気を使っているということ。
が、実際にはカロリー管理を中心としたものであったため、分子栄養学のサワリだけ簡略に伝えました。

体の材料であり、体の修復に不可欠なタンパク質が何より大切だ、ということ。
その必要量は、毎日、体重の千分の一 +α。体重50kg 前後と思われるその人の場合、毎日、60~70g くらい摂る必要があることを話しました。


すると、彼女(会ったのは女性です)。

「それって、案外簡単でしょ。お肉とかお魚をひと固まり食べればいいんじゃないかしら」。

つまり、こうです。お肉を100g 食べれば100g のタンパク質が摂取できる、というイメージのようです。
このパターンの会話を交わすのは、じつは数回目です。意外と多くの人がこのように考えているのかもしれません。


肉も魚も、そして人間の体も、半分以上は水分です。油(脂質)も相当部分を占めています。
残った部分がタンパク質だと考えても間違いではありません。
肉100g 中、タンパク質が100g はありえません。

実際には、どの程度タンパク質が含まれているのでしょうか。
肉類で見てみましょう。肉類の場合は、部位で大きく違ってきます。

牛や豚のバラ肉は脂質が多いため、タンパク質は思いのほか少ないのが実状です。
牛バラ肉の場合、(すべて100g あたり、四捨五入した数値)タンパク質はわずか11g。約1割に過ぎません。
比較的多いのがヒレ肉。牛ヒレ肉は19g、豚ヒレ肉では23g。それでも約2割にとどまります。

柔らかくて美味しい鶏もも肉は17g。鶏肉でタンパク質が多いのはササミで25g
平均すると、やはり2割前後です。
ちなみに鶏卵はというと13g(Mサイズ2個分)。


どう思いますか?
体重の千分の一+αは、想像以上にハードルが高いことに気づかれたはずです。
横浜で会った女性にも納得していただけました。


卵、肉、魚、大豆食品、乳製品などを朝昼晩でどうやって振り分け、タンパク質の必要量を無理なく摂取していくのか。
これを考えることが大切なのは、何をおいてもこのハードルをクリアするためです。

2019年2月21日木曜日

『Newton』 亜硝酸塩

前回につづき発ガン物質がテーマです。

記事では、ソーセージ、ベーコン、ハムなどの加工肉の摂取が死亡率を上げると書かれています。
その正体は、それらに添加物として使用されることが多い亜硝酸塩(Na)です。亜硝酸塩は、血液の成分であるヘモグロビンやミオグロビンと結合することで鮮やかな血色を保持する働きがあります。

つまり、発色剤です。ソーセージ、ベーコン、ハムは、時間が経つにつれて色あせていきます。それでは見た目が悪く「売れない」ので、発色剤の出番となるわけです。
この亜硝酸塩が添加されるのは、牛豚鶏の加工肉だけではありません。魚を使ったハムやソーセージ、いくらや明太子などの魚卵も「鮮やかさ」が売りの食品です。

亜硝酸塩の毒性が危惧されるのは、亜硝酸が肉類、魚介類や魚卵に含まれる第2級アミン(アンモニアの水素原子2個を炭化水素基で置換した化合物)と酸性の環境で結合した場合、ニトロソアミンという発ガン物質に変化することです。
ニトロソアミンは、WHO(世界保健機関)によって第1級発ガン物質に指定されています。

体内でもっとも「酸性の環境」下にあるのは、強酸性の胃酸を分泌する胃です。
そのため、ニトロソアミンは胃ガンのリスクを高めると言われています。


では、ソーセージ、ハム、ベーコン、あるいは明太子、いくらは食べてはいけないのでしょうか。

対策は2つあります。
1つは、亜硝酸塩不使用の商品を選ぶこと。これについては、次回のブログで取り上げます。
もう1つは、ビタミンCを一緒に摂ること。ビタミンCにはニトロソアミンの生成を抑える働きがあるからです。

とはいえ、たとえ好物であったとしても、ほどほどにしておくのが無難でしょう。

2019年2月15日金曜日

『Newton』 アクリルアミド

アクリルアミド。はじめて聞く人も多いはずです。
アクリルアミドは、でんぷん質を含む食品を高温調理したときに発生する発ガン物質です。
代表例は、記事にも出ているフライドポテトやスナック菓子。
家庭料理では、さつまいもの天ぷらがそうです。

120℃くらいから発生し、170℃を越えると大量に発生すると考えられています。
ここで問題になるのが、ファストフードで提供されているフライドポテト。
油を高温で揚げるほど、あの「カリカリッ」とした食感が出ます。
M c 社のフライドポテトのカリカリ感は相当なものです。180℃前後で揚げているからです。

もっともM c 社のフライドポテトは、ショートニング(トランス脂肪酸)を使って揚げている方が問題だと思いますが。



自宅で天ぷらをつくる場合には、温度計を用いて160℃前後で揚げることをお薦めします。
160℃と170℃では大きく違います


つけ加えると、玄米を圧力釜で炊くのも注意。でんぷん質の高温調理そのものです。

2019年2月9日土曜日

『Newton』 乳酸菌

今回は乳酸菌の話。
腸内環境を整えることが、かつてないほど重要だと言われています。
したがって、食品やサプリメントから乳酸菌を摂取することは大切です。

口から摂取した乳酸菌は、食道を通って胃に到達します。
そこでは、pH1~2という強酸性の胃酸に晒され、多くの菌が死滅してしまいます。
菌の1種である乳酸菌も、同じく胃酸によって死んでしまう、だから効果がないのではないか、ということは以前から言われています。


果たしてそうなのでしょうか。
近年、さまざまなことが判明しています。


たしかに多くの乳酸菌は、胃酸によって死滅する。しかし、死んでいても腸に届いて善玉菌のエサになる。

あるいは、

胃で一度は死活する。ただそれは「死んだふり」であって、完全には死んでいない。
弱酸性下の腸に入ると、再び活性化する。つまり、蘇る

やはり、乳酸菌を摂取することは意味があると思われます。

乳酸菌は、ヨーグルトや飲料(ヤクルト、カルピス etc.)のほかに、漬け物、味噌、醤油などの発酵食品にも含まれます。なかでもキムチや糠漬けは豊富です。

乳製品に含まれるものは動物性乳酸菌、漬け物などに含まれるものは植物性乳酸菌です。生存力の強さでいえば、植物性乳酸菌の方が勝っています。
胃酸によって死活することを気にするのであれば、キムチや糠漬けを積極的に食べることをお薦めします。

2019年2月4日月曜日

卵がピンチ!

『Newton』シリーズを中断し、気になる話題を。


「卵を食べるとコレステロールが上がる」も、今は昔。需要が高まってもおかしくないはずなのに、市場はそうでもないようです。

いたって微力ではありますが、わずかでも購買を喚起するべく、再び卵の栄養価を書き綴ってみます。

アミノ酸バランスにすぐれた良質のタンパク質を含む(Mサイズで6.5g前後)。
・ビタミンCを除くすべてのビタミンと、すべての必須ミネラルを含む。
・細胞膜、なかでも脳細胞の材料となるレシチン(脂質)を含む。
・少量ではあるが、βカロテンコエンザイムQ10ルテインを含む。
・糖質は少ない(多くの人にとってはプラスでしょう)。

これだけ栄養価パーフェクトに近い食品が安価に入手でき、しかもレシピが豊富。
ぜひとも台所の主役に位置付けていただきたいと考えています。



ちなみに・・・



卵は、犬の食事にも打ってつけです。


犬は糖質を代謝する(エネルギーにする)能力を持たないため、ヒトよりも相対的にタンパク質が重要です。
糖質が少なくタンパク質の比率が多い卵は、その点で無駄がありません。

一方、卵に含まれないビタミンCは、犬は体内で合成する能力を持っています。


犬にとっての卵は、ヒト以上に完全食品かもしれません。

愛犬チョコは、どんなフードよりも卵が好物です。

2019年1月29日火曜日

『Newton』 コラーゲン

コラーゲンのサプリメントが各社から販売されています。美容に関心の高い人を中心に支持されているようです。

ただ、コラーゲンはタンパク質の1種です。口から摂取しても胃や十二指腸などで分解作用を受けてしまい、小腸から吸収されるときにはバラバラのアミノ酸になってしまう。したがって、コラーゲンを飲んでもコラーゲンが形成されない、というのが長い間の定説です。

『Newton』特集の記事でも、そのように結論づけています。

が、近年になって新たなことが分かってきました。

コラーゲンを構成する主要なアミノ酸は、グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンの3つ。この3つで、全体の約半分を占めます。
この3つのアミノ酸が結合したコラーゲンペプチドは消化酵素の作用を受けにくい性質を持ち、そのままの状態で吸収されます

吸収されたコラーゲンペプチドを骨格としてコラーゲンを構成するのは難しいことではありません。
この過程を経て、サプリメントのコラーゲンが体内のコラーゲンの材料になります。
ただし、より吸収率を上げるためには、コラーゲンペプチドという最小の状態まで切断された商品を選ぶ必要があります。たんに「低分子化」と書かれているだけでは、効果半分になるかもしれません。

なお、コラーゲン形成のためにビタミンCが必要だということは、よく知られています。プロリンを材料にヒドロキシプロリンをつくる場面でビタミンCが働きます。




2019年1月25日金曜日

『Newton』 玄米&白米

『Newton』特集からの抜粋と解説、今回は玄米のメリットとデメリットです。

記事にあるように、玄米には精米によって取り除かれる糠がそのまま残り、そこにビタミンB1マグネシウム、食物繊維などが含まれるため、白米に比べて栄養価が高いというのが「売り」です。

また、がん患者などが食事療法の一環とし玄米食を取り入れるという話はたびたび耳にします。

その根拠としては、玄米に含まれるフィチン酸(IP6=イノシトール6リン酸)が挙げられます。
フィチン酸は、有害ミネラル(重金属)、農薬、その他薬物、添加物、放射性物質などと結合して体外に排泄します(キレート作用)。

一方で、鉄、銅、亜鉛、マンガン、クロム、カルシウム等の有益なミネラルまで一緒に排泄してしまう、というマイナス面も持ち合わせています。
そのためか、きわめて熱心な玄米食信奉者のなかに、貧血症状のある方をたびたび見掛けます。

それ以外にも、圧力釜を使って高温で炊くと、アクリルアミドと呼ばれる発ガン物質が発生することがわかっています。
さらに近年、アブシジン酸という酵素阻害物質も見つかっています。

なにより玄米は、固く消化しにくいのが難点です。玄米食は「百回噛め」などと言われますが、百回噛んでもなお消化がよいとは言えません。
胃腸が弱っている人の玄米食はもってのほか、かもしれません。

記事に出ているヒ素以外にも、いくつか問題を抱えているのが玄米です。

2019年1月19日土曜日

『Newton』 ビーガン

事情により間が空きましたが、今日からブログ再開です。
『Newton』特集の記事、今回はビーガンです。

厳格な菜食主義者のことをビーガンといったりします。ビーガンにもいくつかの段階があるようですが、動物性食品は一切食べないことを基本とします。

ビーガンにはビーガンなりの持論があり、そこに口を挟もうとは思いません。
記事では、動物性食品にしか含まれないビタミンB12が欠乏する恐れを指摘しています。

が、分子栄養学の立場から見ると、むしろタンパク不足が必至となることの方が問題です。

一般に、卵、肉、魚、大豆製品、牛乳・乳製品のことを5大タンパク食品といいます。
それ以外の野菜、果物、穀物などにもタンパク質は含まれますが、まとまった量を摂ろうと思えば、やはり5大食品のウエイトは大きくなります。

その5大食品の内、大豆食品を除いた4つは動物性です。ビーガンでも十分なタンパク質を摂ろうと思えば、大豆食品のウエイトが限りなく高くなります。

実際には、豆腐や納豆、煮豆、枝豆、油揚げ、湯葉、きな粉 etc. ばかり毎日食べていたのでは飽きてしまいます。
また、大豆に含まれるポリフェノール類のイソフラボンはさまざまなプラス効果が期待できますが、過剰に摂りすぎるとマイナス効果(乳がんのリスクなど)になる懸念があります。

5大食品をバランスよく食べることによって、十分なタンパク質を無理なく摂取することが可能になります。
分子栄養学のコアであるメガタンパクの基本です。

2019年1月8日火曜日

『Newton』 糖質制限

さっそく『Newton』2018年12月号の特集「最新科学にもとづく食と健康の正しい知識」から。

まずはこれ。

糖質制限については、東京での講習や加盟店向けの原稿、このブログでも取り上げました。

『Newton』での結論を見ると 

まさにその通りだと、私も考えます。
ただ、「長期的なリスク」については、糖質制限そのもののに潜むリスクというよりは、糖質制限を見よう見まねでやってしまうリスクだと考えます。

糖質を大幅に減らした場合に、それを補うカロリー(エネルギー)がなければいけません。そうでなければエネルギー代謝が滞り、全般的に代謝、免疫が低下してしまいます。
おそらく、そのワナに陥って体調が悪くなり、失敗する例が多いのではないかと推測しています。

糖質制限をおこなうにしても、カロリーを補うタンパク質と脂質のことを十分に勉強してから実践に移す必要があります。
また、従来の糖質(炭水化物)主体の食事に比べると、多少は予算が掛かることも知っておかなければいけません。


さて、注目すべきは2枚目の写真の右下、糖質の割合と死亡リスクの関連を表したグラフです。
「糖質50~55%のときに最も死亡率が低い」という記述です。

日本人の場合、平均でエネルギー源の約60%を糖質から摂取しています。
これを糖質制限では、ゆるやかなものでも40%以下、厳しいものだと15%以下に糖質をセーブします。

糖質50~55%は、糖質制限と言えるレベルの糖質オフではなく、「糖質ほんの少し控え目」といったところでしょうか。「少し控えた」分は、良質なタンパク質と脂質で補います。
おそらく私も、これに近い食生活を実践しています。

がんや糖尿病の食事療法として糖質制限を導入するのであれば、50~55%ではまったく不十分です。専門的な勉強をして、腹をくくって取り掛かる必要があるでしょう。
が、予防目的であれば、無理なくストレスなく続けられる糖質50~55%は最適かもしれません。

2019年1月4日金曜日

すこやかな一年を


今年も、わかりやすく、実践できる、健康に役立つ話をお伝えします。



年末年始は、犬との外出をのぞいて、ほとんどを自宅で過ごしました。のんびりタイムの合い間合い間に本を読み漁りました。
書籍はこういったもの。

雑誌もまた、ジャンルはバラバラです。

このなかでブログで書けそうなものは、真ん中の『NEWTON』くらいです。
特集「最新科学にもとづく食と健康の正しい知識」には十数項目のトピックが掲載されていました。
次回から、そのうちの約半分について、所見をまじえて簡潔に説明します。