2018年12月15日土曜日

来年のために

12月は大切な月だと位置づけています。
その年の仕事を納得いく状態で締めくくり、早めに来年の準備に取りかかるためです。

ここ数年、その区切りとして恒例にしているのが、本島北部への「ゆるりと1泊ツアー」。
今週行ってきましたが、昨年までと違うことが2つ。


一つは、オーシャンビューではなく、山の中のリゾートホテルを選んだこと。
本部町の中腹にひっそりと佇む「星のテラスもとぶ山里」。

全部で10部屋しかなく、一つひとつの部屋はテラス付きで広く、目玉はジャグジーバス付き。

テラスからの眺望は、連なる山々。

朝食は、小鳥のさえずりを聞きながら、やんばるの食材を中心としたもの。

静けさに包まれた空間で、ただただのんびり過ごしました。



もう一つ去年までと違うのは、愛犬チョコをあずける必要があったこと。
あらゆるルートから情報をかき集めた結果、読谷村のペットホテルにお願いしました。

はじめてのお泊りだったので最初は緊張したようでしたが、次第に他の犬とも仲よくなれたようです。

朝になると他の犬のベッドを占拠していたとのことでした。
(オーナーさんの話。下がその写真か?)



チョコの宿泊も無事終わり、自分もしっかりとリフレッシュできました。
ここからは来年の仕事の組み立て、必要となる勉強の準備や教材の確保など、大切な仕込みを始動させます。

0 件のコメント:

コメントを投稿