2018年11月27日火曜日

出張こぼればなし

講習の前日は羽田から銀座に直行し、銀座FANCLスクエアを4年ぶりに訪問。
ここでは、ユニークなものも含めて、体に関するさまざまな測定やカウンセリングを行っています。

今回、事前に予約したのは体バランス測定というもの。
内容は、骨密度指数(ロコモの兆候がないか)、体成分分析(水分、タンパク質、脂肪、ミネラルの比率)、骨格筋・脂肪の比率、肥満評価、筋肉バランスです。


この中で「なるほど」と感じたのは、骨格筋量筋肉バランス
沖縄に移住して6年あまり。4~5年間は歩かない生活にどっぷり浸ってしまい、筋肉量の減少はハッキリ自覚できる程でした。
それが尾を引いているのでしょう。骨格筋量は標準域ギリギリというレベルに留まっています。

それもあり、1年くらい前からウォーキングに加えて適度な筋トレを始めています。
筋肉バランスでは、右腕、左腕、体幹、右脚、左脚に5分画されています。
自分の体重に対する発達率(%)を見ると、脚 ⇒ 腕 ⇒ 体幹 の順になっています。

もっとも熱心にやったのはスクワット、次が腕立て伏せ、腹筋運動はサボり気味だったので、そのまま結果に現れた、ということです。
このあと取り組むべきことが明確になりました。



それ以外に、予約不要なものを2つ。

一つは、脳年齢チェック
結果はこちら
実年齢よりも10歳若返りました。
まだまだ、いろんなことにチャレンジできそうです。


調子に乗ってもう一つ試してみたのは、ストレスチェック。
自律神経のバランスを見るものですが、頭部、右肩、左肩、胸部と、こちらは4分画です。

「やはり」というか、これも予想した通りの結果です。
全体的には自律神経のバランス良好。が、頭部(脳)だけ交感神経優位になりました。
ようは使い過ぎということなのでしょうか。

自然と戯れる時間、愛犬チョコと接する時間を増やしたほうがよさそうです。
(本気で遊び過ぎているのかもしれません)

フル回転させた脳を休めるために、測定後は和光ビルをバックにバナナケールスムージーでブレイク。




銀座FANCLスクエアでは、先日ブログにも書いた「糖化」度を調べる糖化測定も行っています。
私は4年前に測定して、当時の年齢に応じた糖化度よりも「やや低かった」記憶があります。
来年あたり、あらためて測定しようかと考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿