2018年9月28日金曜日

40過ぎたらサプリを飲もう

マルチビタミン&ミネラルやアミノ酸以外には、どういったサプリメントを飲むとよいでしょうか。
さまざまな考え方がありますが、年齢にともなう体の変化に着目すると、予防やアンチエイジングのために必要なサプリメントが見えてきます。もともとは体内で合成されていたが、年齢を重ねていくごとに減少していく栄養素があるからです。

 例えば酵素。消化酵素も代謝酵素も、タンパク質を材料に肝臓で合成されるものです。しかし、おおむね40歳くらいを境に、その生産量は減少していきます
代謝酵素は補給ができませんので、消化酵素のサプリメントを外から入れます。それにより消化をスムーズにして、同時に胃腸の負担を楽にします。
サプリメントではありませんが、「強力わかもと」や「新タカヂア錠」のような医薬部外品もお薦めです。

 酵素以外ではコエンザイムQ10。 コエンザイム10も体内でつくられますが、20歳代をピークに減少し、酵素と同様に40歳を過ぎると目立って低下していきます
 コエンザイムQ10は、細胞の中のミトコンドリアがエネルギーを生産するときに欠かせない栄養素です。このミトコンドリアがもっとも集中している臓器は、大きなエネルギーを四六時中必要とする心臓です。結果として十分なコエンザイムQ10があると、不整脈、狭心症など、あらゆる心臓疾患の予防に役立ちます。

 同じく歳を重ねると体内生産が少なくなる栄養素として、αリポ酸のサプリメントを私は欠かさず飲んでいます。
 αリポ酸は、活性酸素を除去する抗酸化作用を持っています。それとともに、抗酸化栄養素であるビタミンCやビタミンEの血中濃度を維持する、わかりやすく言えば仕事を終えた
ビタミンCやビタミンEを復活させる、という役割があります。
 αリポ酸がすごいのは、水溶性の場所にも脂溶性の場所にも効くことです。

腸内環境、言いかえれば腸内細菌バランスが健康状態を大きく左右することは、ずいぶん前に書き続けました。
(カテゴリー「腸内環境」をご覧になってください)
どういうわけか、善玉菌と悪玉菌のバランスも、放っておくと40歳くらいから悪化します。善玉菌のほとんどを占めるビフィズス菌が減少し始め、代わって大腸菌、ウェルシュ菌などの悪玉菌が増えはじめるのです。この加齢によるバランスの崩れをカバーするために、たっぷり善玉菌を入れて、悪玉菌が繁殖するような食生活は控える必要があります。
まずは食事での自己努力が大切ですが、援軍として乳酸菌やビフィズス菌のサプリメントで補給するのは有効かもしれません。




 終わりに、もう一度いいます。サプリメントを飲む第一の目的は予防です。予防には期限はありません。
 つまり継続しなければ意味がありません。継続できるように、まずは食事での栄養摂取を心掛けて、足りない分を効率よくサプリメントで補ってください。


 来週は本院引っ越しのため、ブログはしばらく休みます。

0 件のコメント:

コメントを投稿