2018年8月28日火曜日

サプリメントの目的①

いつまでも健康であり続けるために、健康なままで歳を重ねていくためには、サプリメントは必須アイテムだと考えます。
こういう結論を冒頭にもってくると、「食事がしっかりしていれば、サプリメントなど必要ない」「昔はサプリメントなんてなかったではないか」という声も聞こえてきそうです。
私だって、できることならば食事だけで必要な栄養素を充足させたいと願っています。サプリメントへの出費がないに越したことはありません。

けれども、食べ物に含まれる栄養素や食のライフスタイルが昔とは様変わりしました。平均寿命も大きく伸びて、元気で長生きするには相応の策を講じる必要があります。 
よって、食事での栄養摂取を最大限に試みつつ、足りない分を補給するのがベター、いやセカンドベストということになるのです。
だから栄養補助食品なのです。

サプリメントを使うのに消極的な意見のなかには、サプリメントを使うと妙な安心感を得て食事が疎かになる、という考えもあるようです。しかし、そうではありません。
ごく一部を除いて、サプリメントを飲む人は、健康な食事にも気を配っています。食事に気を配っているからこそ、そこから十分には補給できない栄養素が気になってくるわけです。

ここで、あらためて書きます。
サプリメントを飲む目的、それは何といっても予防です。サプリメントは、いうまでもなく薬ではありません。「今のような食生活を続けていてはガンになるかもしれないので、今のうちから薬を飲んでおきたい」と言っても、薬は処方されません。
薬は病名がついてはじめて処方されます。そういう場合は、食生活を改善したうえで、不足している栄養素がある場合にはそれを補給する必要があります。

 サプリメントの発祥地でもあり、先進国といわれるのはアメリカです。アメリカは我が国のような国民皆保険制度ではないので、病気になると巨額の医療費がかさみます。意識の高いアメリカ人は、日頃から病気にならないように予防の策を打っているのです。
その手段の1つがサプリメントです。サプリメントは、体の生理機能を調整して免疫や自己治癒力を高め、健康増進や病気の予防に役立てるのが本来の目的です


 予防レベルで栄養素(サプリメント)を補給する場合は、その必要量はそれほど多くはありません。予算も抑えられ、無理なく継続が容易です。なおかつ、その成果を実感しやすい、すなわち病気になりにくいのが予防です。

0 件のコメント:

コメントを投稿