2018年7月28日土曜日

すい炎・すい臓がんの予防②

前回のブログで、すい臓がんを発症する3大原因として、

①アルコールの過剰摂取
②胆石
③糖尿病

の3つを挙げました。②と③に関して、簡単に説明します。


胆のうでつくられてしまった胆石が何かの拍子で胆のうを飛び出すと、胆管を通って十二指腸へ向かいます。十二指腸への出口を十二指腸乳頭といいます。
胆石が大きい場合、しばしば十二指腸乳頭で詰まってしまいます。

一方、膵臓でつくられた膵液は、膵管を通って、やはり十二指腸乳頭から十二指腸に分泌されます。
つまり、胆管と膵管は十二指腸乳頭で合流しています。合流しなければいけない理由があるからですが、ここでは割愛します。

胆石が十二指腸乳頭で詰まると、膵液も流れを塞がれて、十二指腸に出れなくなります。
すると、膵管が脹れあがり、膵液の一部が漏れ出してしまいます。この膵液にはタンパク質の消化酵素(トリプシンなど)も含まれており、タンパク質でつくられるている膵臓自信を分解しようとします。
これが炎症の始まりであり、がん化の始まりでもあります。


糖尿病を発症すると、上がった血糖値を下げようとして、すい臓がインスリンを大量に分泌します。その状態が継続すると、やがてすい臓は疲弊して炎症を起こし、すい臓がんのリスクが高まります。

糖尿病の原因としては、糖質の過剰摂取、運動不足、肥満、ストレス等が考えられます。
糖尿病が進行すると、がんのリスクだけではなく、網膜症、腎不全、神経障害をはじめ、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などのリスクも上がります。

0 件のコメント:

コメントを投稿