2018年6月21日木曜日

怪しげな本

健康関連本、食事関連本は、毎月多数の新刊が出版され、玉石混交の様相を呈しています。
先日、書店で見つけた本はコレ。
正直なところ、これは「買ってはいけない」本です。

表紙の帯には、こんなフレーズが書かれています。
言ってみれば、常識の逆をいっています。なんか”売れる”臭いがします。
でも、これは「読むと逆効果」です。

それでも、少しだけ中を読んでみると、

×朝食に和食・・・和食は塩分が多いから(えっ、それだけ!)
 和食のプラス面はほとんど触れていません。また、洋食のプラスマイナスに関する記述もありません。
 別のページには、「塩などの調味料は殺菌効果があるので、弁当のうす味はよくない」。昼食であれば、塩分が多くてもよいということでしょうか?

×野菜から先に食べる・・・野菜に含まれるビタミンCやビタミンB群は、空腹時に摂ると体内蓄積時間が少なくなる ???
 では、何から先に食べたらよいのでしょうか? ビタミンB群は、肉や魚、卵、大豆食品など、主菜となりうるほとんどの食品に含まれています。
 ビタミンB群も含まれていないものといえば・・・ご飯(白米)。それでは時代と逆行もいいところです。

×食物繊維たっぷり・・・過剰な摂取はカルシウム、マグネシウム、亜鉛などミネラルの吸収を妨げる。
 これについても別のページでは、「健康的な快便のためには1000kcalに対して10gの食物繊維を摂ることが望ましい。毎日野菜をたっぷり食べるようにしていれば、自然と食物繊維もしっかり摂れるはずです」とまるで一貫性がありません。

 ようは、売りたいがために表紙と帯にショッキングな文言を印刷している、ただそれだけの本です。一部の民放健康番組みたいです。

 たとえば、食品のマイナス面を一つでも見つけて「これは食べない方がよい」と言うのであれば、ほぼすべてのものが食べられません。肉も魚も卵も乳製品も、そして米も小麦も。
 現実的には、食品や食べ方について多くのプラスマイナスを天秤に掛けて、最大公約数的な判断をするしかないと考えます

 そのためには、普段からたくさん勉強するしかありません。上のような本に右往左往されないように。
 この本、もちろん買ってはいません。立ち読みで十分です。
 みなさん、ぜひ良書を選んで読んでください。


 今日から約1週間の研修です。今回は分子栄養学が中心の学科講習。
 受講生は首都圏から3名、県内から1名の計4名。この方々には、上のような本に惑わされない実力をつけていただきたいと願っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿