2018年5月25日金曜日

分子栄養学講習①

20日~21日の2日間、都内にて「分子栄養学講習・実践編」を開催しました。昨年から続く連続講座で、今回が4回目です。

当初は、このように何回も行う予定はなかったのですが、受講者の皆さんの旺盛な学習意欲に乗せられて、「次もやろう。もっと突っ込んだ内容を、少しレベルを上げたことにもチャレンジしよう」という気になり、ここまで到達しました。

じっさいに、向上心溢れる方々に囲まれて一緒に勉強するのは、私にとってもテンションマックスの時間です。その日が近づくにつれて、準備作業に追いまくられながらも、気持ちの高ぶりを抑えられません。

今回は、初回から学習を積み上げている加盟店関係者に加えて、新しいメンバーが3名加わりました(4/17付ブログで紹介)。むずかしさもありましたが、新鮮な息吹を感じながら進めるのも、これはこれで楽しいものでした。


初日、重点的に学習したのは「鉄」
三石分子栄養学の3本柱は、①メガタンパク ②メガビタミン ③スカベンジャー (5/7付ブログ)ですので、ミネラルに属する鉄は、後塵を拝しているようにも思えます。

しかし、分子栄養学が目指すところの一つが「代謝アップ」であることを考えれば、鉄欠乏の状態でそれを達成することは到底かなわないと言わざるをえません。
鉄のもっとも重要な役割は酸素の運搬。ヘモグロビンに結合する鉄が不足すると、体の末端まで酸素が届かなくなります。

これはエネルギー代謝が滞ることを意味します。このエネルギー代謝こそが生命活動の根幹であり、生物にとってもっとも大切な代謝はエネルギー代謝だからです。
ここに、ビタミンCやEと同様、鉄に関しても時間を掛けて学ぶ必要を感じます。

多くの受講者には、予備学習として『貧血大国・日本』(山本佳奈著)および『うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった』(藤川徳美著)、近著である『最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門』(溝口徹著)を読んできていただいたので、掘り下げた内容で、かつ活発なやりとりのある時間となりました。

貧血を見る血液検査項目としては、赤血球RBCヘモグロビンHbが知られています。この2つは多くの健康診断でも含まれています。
これで鉄の過不足が判断できれば問題ないのですが、実際にはそうもいきません。そこで、さらに幅広い知識が必要になります。

上の2つ以外に鉄の過不足を推定できる項目として、フェリチン(貯蔵鉄)があります。フェリチンは、小腸上皮細胞や脾臓、肝臓、肺や膵臓などに貯蔵されている鉄のことです。
フェリチンの項目があれば、RBCやHbでは見えてこない潜在的な鉄欠乏が明らかになってきます。

ただ、①フェリチンは基本的にオプション検診のため血液検査表にない場合が多い ②フェリチンは体内で炎症を起こしている場合には大きく上昇する、といったことがあり、さらに他の項目に頼らなければいけないケースが出てきます。

他の貧血に関わる項目としては、Ht(ヘマトクリット)、MCV(平均赤血球容積)、MCH(平均赤血球ヘモグロビン量)、MCHC(平均赤血球ヘモグロビン濃度)、さらにはFe(血清鉄)、TIBC(総鉄結合能)、UIBC(不飽和鉄結合能)といったものもあります。

これらを組み合わせて鉄の過不足を読み解きます。さぞかし難しそうに思えますが、一度読み方を覚えてしまえばそうでもありません。
鉄欠乏でエネルギー代謝が滞れば、ありとあらゆる不調を引き起こす可能性があります。受講された皆さんがそれを見抜いて、現場でカウンセリングしていただくことを願っています。


今回は、講習に集中するあまり、写真をまったく撮っていません。
まあ4回目ですし、いつも同じような写真なので、あらためて載せるまでもないでしょう。
(つづく)

0 件のコメント:

コメントを投稿