2018年4月17日火曜日

うれしい悲鳴!

東京での分子栄養学講習が約1ヶ月後に迫ってきました。
今回で4回目。内容も、基礎固めの段階から、だんだんと実践的、応用的なレベルに移行しつつあります。
と、そこに・・・

最近アシスタント研修を終えたばかりの、いずれも新しく若い方3名から、「自分も受講したい」との申し出が。

こんなに嬉しいことはありません。未来の琉球温熱を担ってくれるであろう人たちが、積極的に勉強したいと言ってきたのですから。

ただ・・・

この講習は積み上げ式で続けているので、まったく白紙状態の人がいきなり参加するというのは、かなり無理があります。せっかく受講しても、ちんぷんかんぷんのまま終わったのでは申し訳ないし。

それでも、溢れんばかりの意欲と向上心は受け止めたい。また、首都圏エリアにおける昨年からのいい流れに棹さして、さらに盛り上げたい気持ちもあります。

そこで・・・

急きょ予定より1日早く上京して、3人のための予備講習を行うことにしました。
そのあとの講習を何とか7割くらい理解できることを目標とした、応急的な内容です。

こういう講習は、もちろんはじめてです。20日からの本講習よりも難しいような気がしますが、決めたことなのでチャレンジしてみましょう!

ここからの1カ月間は、本講習と予備講習とを並行しての準備です。

0 件のコメント:

コメントを投稿