2018年3月29日木曜日

生理学講習②

今回の生理学講習は、循環器系、消化器系、神経系、内分泌系・・・ と、たんに教科書的、網羅的には行いませんでした。
時間が限られていることもありましたが、すでに経験を積んでいる温熱施療師がおもな対象であったため、施療と連動させてテキストを組んでみました。

腎臓と副腎は同時に熱入れができるので同時に取り扱う。腎臓で泌尿器を、副腎で内分泌系を勉強し、それに続く仙骨で自律神経とデルマトーム(皮膚神経の分布)を学ぶ、といった感じです。
「この臓器はどこから、どちら側から入れるのか?」は、皆さんとくに関心が高かったかもしれません。

テキスト、配布資料、人体模型、一緒に持ち込んだ温熱器(ダミー)を組み合わせて説明することによって、ある程度は「施療と連動させた生理学」の形になったような気がします。
なかでも3Dで伝えられる人体模型は、リアルな”生理学”にするための必需品です。手間ひま掛けても持ち込んで正解でした。

もちろん、栄養学との関連も大切です。
たとえば、「副腎皮質ホルモンのコルチゾール(糖質コルチコイド)をつくるときに大量のビタミンCを消費する。だからビタミンCをたっぷり摂る必要がある」。一方で、「副腎皮質は脂質を材料としてつくられている。だから酸化しないようにビタミンEも充分入れておく必要がある」といった具合です。

温熱施療と栄養学を組み合わせた生理学の講習は、考えてみれば今回が初めてです。一定以上の経験者が対象の場合は、このスタイルがいいのかもしれません。
もっとも、カリキュラムづくりは簡単ではありません。さらに完成度の高いものをつくって、また違うエリアで実施できればよいと考えています。

さいごに、今回お世話になった新潟市秋葉区加盟店さんのHPをリンクいたします。



0 件のコメント:

コメントを投稿