2018年2月21日水曜日

腎臓を温めなさい

副腎につづいて腎臓の話題を。副腎と腎臓、語句は似ているし、副腎は腎臓にピッタリと乗っかっていますが、この2つは機能的な関連はほぼありません。
副腎は内分泌(ホルモン)系、腎臓は泌尿器系です。

もっとも東洋医学では、腎臓と副腎をまとめて「腎」と呼ぶそうです。
私たち温熱療法師にとっても、2つの臓器は一緒に熱入れできるので、腎臓と副腎の働きをしっかり押さえておくことは効果的な施療に繋がります。



腎臓といえば、昨夏こんな本が出版されて、かなり売れているそうです。
私も、目次を見て、中をパラパラっとめくりましたが、「千円以上出すほどではないな」と思い、そのまま棚に置きました。
ですが、その後いい具合に中古価格が下がったので、Amazonで購入。目を通してみました。

腎臓は「オシッコをつくるところ」ですが、その過程でさまざまな老廃物を尿のほうに回します。
なかでも血液中の老廃物は、そのほとんどが腎臓を経由して体外に排出します。ですから、血液をキレイな状態に保つためには、健康な腎臓が欠かせません。

それ以外にも、腎臓は
血圧を調整するホルモンをつくる
・丈夫な骨に欠かせない活性型ビタミンDをつくる
・赤血球を増やす造血ホルモンをつくる
などの働きがあります。

これらの腎機能を高いレベルで維持するために、独自の「腎マッサージ」を薦めているのが、この本です。

ところが、読み進めてみると・・・

腎臓の「冷え」に警鐘を鳴らしている記述が、途中から多くなります。













この内容であれば、『腎臓を温めなさい』でもよいのではないかと思いたくなります。
もはや「温める」はありふれているので、簡単ですぐできて、しかもお金がまったく掛からない「もみなさい」の方が売れる、と著者(出版社)が判断したのではないかと、私は推測します。

そんな推測はどうでもいいのですが、このブログをご覧になっている温熱ファンの皆様は、大切な腎臓をしっかり温めてください。もちろん、”もんでも”いいのですが。

腎臓については、近年まったく新たなことが分かっています。あらゆる臓器をつなぐネットワークの要だということが、NHK特集「人体」で放映されました。
今後も腎臓から目が離せません。

0 件のコメント:

コメントを投稿