2017年12月26日火曜日

山梨に学べ!

こんにちは。
夜になると結構冷え込みます(本土の人には怒られそうですが)。
そんなときに少しだけ体を温めるのがココア。
砂糖もミルクも一切入っていない純ココアです。
そのままではさすがに苦いので、オリゴ糖シロップを混ぜて飲みます。
シナモンや生姜を加えるとさらに温まります。


前々回の都道府県別平均寿命の話のつづき。
平均寿命第一位は男性が滋賀県、女性が長野県です
が、この両県とも健康寿命となると、大きく順位を落とします。
滋賀県の男性が31位、長野県の女性が18位です。

では、健康寿命の第一位はというと、男女ともに山梨県
あまりパッとしない県なので、ピンとこないかもしれませんが(異論もあるでしょうけど)。
山梨県の何が健康寿命の延伸に寄与しているのでしょうか。
私もかつて一年半ほど住んでいましたが、思い浮かぶのは次のようなことでしょうか。

とにかく水がおいしい!(富士山系と南アルプス山系の伏流水)
フルーツ王国(ブドウ、桃、いちご、さくらんぼ etc.)
あっちに行っても、こっちに行っても温泉。体を温めるには事欠かない。
なんといっても田舎。の~んびりしている。

今一つ裏づけに乏しいので、調べてみたら以下のことがわかりました。

日照時間が日本一。
つまり、ビタミンD生成のチャンスに恵まれている。おのずと骨折しにくい環境である。
言っていることがよく分からない人は、過去ブログをご覧になってください。
http://shopblog.ryukyu-onnetsu.jp/2015/02/blog-post_7.html

時間のある人は、ビタミンDについての関連記事もどうぞ。

何度も書いていますが、適度な日光浴をしましょう。
沖縄でも、今の時期は紫外線が強くはありません。1日15分程度は陽にあたることをお薦めします。

もう一つ山梨県で意外なのは、1人あたりのマグロ消費量が静岡県と並んでトップクラスであること。山梨県は海に面してはいませんが、物流が発達した現代では、そんなことは関係ないみたいです。
マグロといえば、必須脂肪酸のDHAが豊富です。DHAは脳神経を活性化する作用を持っています。これは認知症、とくにアルツハイマー型認知症の予防につながります。

骨折と認知症を減らすことができれば、自然と健康寿命は伸びるでしょう。
骨折と認知症を減らす手立てはビタミンDとDHAだけではありませんが、まずはそういうことを意識して生活習慣や食事を考えることが必要なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿