2017年11月17日金曜日

血液検査表と分子栄養学

おはようございます。
先週の「週刊ポスト」の記事です。

医療、なかでも検査技術が日々進化しているのは紛れもない事実のようです。
記事には、わずか50ccの血液から5種類のがんを約90%の確率で診断することに成功した、と書いてあります。従来の腫瘍マーカーを使った検査の的中率は25~50%にとどまるため大きな進歩です。
将来的には8~10種類のがんを判別できる見通しだとか。

がん検診については、見逃しの多さや放射線被曝、過剰診断(がん患者にされてしまう)などのデメリットから、私は受けようとは思いません。
が、この検査法が確立すれば、一度は試してみる価値ありかもしれません。そうであっても、がんに罹らないように日頃から予防に努めることが大切なのは変わりません。


同じ「血液検査で分かる~」でも、話が少し変わります。
血液検査表の数値からタンパク質主要ビタミンC、E、B6など)の過不足を読み取る方法があります。
これは医療関係者が見る通常の読み方とはまるで異なります。したがって、一般的に認知されたエビデンス(科学的根拠)のあるものではありません。分子栄養学を診療に取り入れている医師たちが、数千、数万の症例に基づいて、経験的に構築してきたものです。

例えば、写真にあるAST、ALT、γ-GTP、アルブミン、LDL、HDLといった検査項目。これらは、元々は肝機能や脂質代謝異常を推定するためのものです。これをまったく別のアプローチから読んで、タンパク質の過不足を推定するのです。
本来の目的とは違うことを読み取ろうとするのですから、一筋縄ではいきません。が、数多く読んでいると、さまざまなことが見えてきて面白くなります。

これを、19~20日に開催する栄養学集中講習・実践編(東京)の2日目で行います。
私にとっても初めてのチャレンジ。3年来やりたかったことです。待ち望んでいた加盟店の方もいると聞いています。
1週間後にブログで報告します。

0 件のコメント:

コメントを投稿