2017年10月17日火曜日

NK細胞

こんにちは。昨日は、南城市の垣花樋川(かきのはなひーじゃー)に立ち寄りました。
車を停めて百メートルあまりの石畳道を下りていくと、うっそうと繁った森の中腹から豊かな湧き水が流れています。
ひーじゃーとは、湧き水から引いた井戸のことです。
垣花樋川は名水百選にも選定されています。
沖縄は日中は、今でも30℃を超える真夏日ですが、ここは一服の清涼感に浸れる場所です。


話かわって、ある雑誌で目に止まった記事。
先般お亡くなりになった日野原重明さんの言葉です。
通じるところがあるかもしれませんが、医聖ヒポクラテスの言葉に「病気は人間が自らの力をもって自然に治すものであり、医者はこれを手助けするにすぎない」というのがあります。

病気を治す自らの力とは、言うまでもなく自然治癒力です。人体は病原菌やウイルスに対して、それと闘う免疫力を保持しています。
ガンに対する免疫力はというと、その中心になるのはリンパ球です。リンパ球の1つにNK(ナチュラルキラー)細胞がありますが、そのNK細胞に関して最近あらたに知ったことがあります。

NK細胞は、ガン細胞に特有な構造を認識し、それを持つ細胞に対してパーフォリンというタンパク酵素を放出します。パーフォリンはガン細胞の細胞膜に穴を空け、さらにグランザイムという酵素で死滅させます。
その見事な映像が、先日のNHKスペシャル「人体」のなかで流れていました。

ここまでは家庭向け書籍にも書いてありますし、多くの人が知っています。

それに加えて、次のような威力も備えています。

ガン細胞表面にはアポトーシス(自然死)につながるスイッチがついています。普段はこのスイッチは封印していますが、NK細胞はこれをオンにします。
ガン細胞内部でアポトーシス遺伝子を活性化させガン細胞を自殺させます

ガン細胞は栄養を大量に必要とするので、血管を自分の元に引っ張ってくる血管新生作用を持ちます。NK細胞はこの仕組みを妨害することによって血管新生を抑制し、ガン細胞を兵糧攻めにします

すごいですね、NK細胞は。そして、このNK細胞をパワーアップさせるのは、温熱療法とビタミンCにほかなりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿