2017年8月18日金曜日

再びビタミンD

おはようございます。来週水曜日からの加盟店研修に向けて、準備を着々と進めている所です。
奥に見える(不気味かもしれませんが)人体模型と骨格模型があるお陰で”生きた”生理学と栄養学の講義ができます。
残暑の強い”熱い研修”になりそうです。


夏の時期は、日光浴とビタミンDという、とくに沖縄では悩ましい問題が浮上します。
このブログでも先日取り上げましたが、それに関して詳細な生成時間や露出面積の数値がある記事を見かけました。
ビタミンDが、骨粗しょう症の予防だけではなく、がん予防アレルギー予防などで注目されていることは既に書きました。先日のテレビ番組では、子供の近視増加もビタミンD不足(外で遊ぶ時間が短い)が原因だと言ってました。

この記事は、どうやって、どのくらい浴びればようのか、という部分に具体的な言及をしています。
「どうして波照間?」と思うかもしれません。波照間島は、日本の有人島の中でもっとも南に位置しているからです。(何にもなく、の~んびりしてる所ですよ)
日光の紫外線は、緯度が低いほど(南に行くほど)、標高が高いほど強くなります。波照間島は紫外線が一番強い、つまりビタミンDの生成時間が短くて済みます。

あらためて、写真の右下の小さな文字を見てください。
日本の成人に必要なビタミンD摂取量15μg紫外線から取り込む10μgが生成される時間(残り5μgは食事から摂取
と書いてあります。
つまり、ビタミンDの必要量を取り込むためには、食事からよりも紫外線からの方がウエイトが高いのです。実際に、厚生労働省が定めている1日当り食事からの目安量は5,5μgです。

上の写真で言いたいことは、適量のビタミンDを日光から生成するのに、それほど多くの時間を要しないということです。30分、ましてや1時間も日なたぼっこする必要などありません。
もちろん、季節によっても浴びる時間は変わります。
那覇の場合、12月の正午で7,5分、7月の正午で2,9分です。
これくらいは太陽に当ったほうがいいんじゃない? ということを私は言っています。

もう少し別の角度からビタミンDを見てみます。
近年ビタミンDは、その働きから、ビタミンというよりはホルモンである、という学説や論文が多数を占めています。

8月4日のブログで、ビタミンAとビタミンDは細胞核にある受容体を共有しています、と書きました。
さらに言うと、細胞核にある受容体は、甲状腺ホルモン副腎皮質ホルモン、あるいは性ホルモン(エストロゲン、アンドロゲンン)とも共有されています。
だとすると、やはりビタミンAとビタミンDはホルモンとしての特性が強いのでしょう。

ビタミンDをホルモンと考えるのであれば、それが不足した場合に体のあらゆるバランス(ホメオスタシス)が保てない、と言っても過言ではないかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿