2017年7月30日日曜日

鰻&穴子

こうも暑い日が続くと、食べたくなるのが鰻。
ですが、予算の都合で上等のうな重とはいかず、「おひつ御膳」なるもので気分だけ思い切り鰻に浸りました。
思いだすのは、名古屋・蓬莱軒のひつまぶし。もう一度食べてみたいですね。

鰻は、古くから夏のスタミナ源として食べられてきた魚です。意外と知られていませんが、海水と淡水を行き来できる珍しい魚です。
関東と関西では調理法が違い、関東は「背開きの蒲焼き」、関西は「腹開きの間蒸し」が一般的だと言われています。
当然ですが、血清毒を持っているので、生食には適しません。

鰻は脂質が多く、αリノレン酸EPAなどオメガ3系脂肪酸が豊富です。もちろん、タンパク質もたっぷり。
それ以外では、比較的摂りにくいビタミンAが多いことで知られています。ビタミンAは、皮膚や粘膜の細胞をつくり出すために必要不可欠です。
ビタミンAが不足すると、粘膜細胞が弱くなるために感染症に罹りやすくなったり、腸管の免疫力が低下してアレルギーの原因になります。

ビタミンAは鰻、レバー、銀だら、ほたるいか、あんこうなど、動物性の食品にしか含まれません。
ビタミンAが足りないときには、にんじん、かぼちゃ、ほうれんそう、春菊などに多いβカロチンビタミンAに変換します。

ただし、βカロチンからビタミンAへの変換は、βカロチン12に対してビタミンA1と効率がいいとはいえません。また、すぐれた抗酸化作用を持つβカロチンは、少しでも体内に残しておきたいものです。
ビタミンAの摂取は、ビタミンAとして摂ることも意識した方がよいでしょう。
鰻と似ている魚に穴子がありますが、鰻のビタミンAは穴子の約5倍含まれています。

その穴子ですが、鰻と違って脂質は多くありません。
鉄やマンガンなどのミネラルを含み、鰻に負けない栄養価でありながらカロリー控えめなのが特徴です。
蛇足ですが、美味しい穴子を食べるなら・・・・・広島・宮島口駅前の「うえの」のあなごめし。広島に行ったときには、ぜひ一度お試しを。

0 件のコメント:

コメントを投稿