2017年6月27日火曜日

毛細血管の復活

前回に引き続き、毛細血管のゴースト化について続けます。
毛細血管は加齢とともに減少していくものではあります。45歳くらいから減り始め、70代になると、30代のときと比べると3割も毛細血管が少なくなる、というデータもあります。

年齢相応に消えていくのは仕方ないにしても、近年は好ましくない食生活やライフスタイルによって、若いうちからゴースト化が始まるのが問題です。
毛細血管がなくなるということは、当然そこに血液が行き渡らなくなるということです。末端の細胞まで酸素や栄養素が届かなくなるので、ありとあらゆる症状が現れます。

では、なくなった毛細血管はもう元に戻らないのでしょうか。

戻ります。血流をよくすれば次第に戻るようです。
「体は動かさなければ衰える」のと同様に、血流が悪ければ毛細血管がそこに存在するニーズが低くなりゴースト化が進んだ、と考えられるかもしれません。
ですから、まずは体を温める、冷やさないことが大切です。適度な運動、十分な睡眠、そしてストレスをためないことも必要です。


血管の状態をおおまかに知る簡単な方法があります。
舌を見ることです。東洋医学では「舌診」は日常的です。
健康な舌はきれいなピンク色をしています。薄く白っぽい、赤みが強い、黒ずんでいる、青紫の斑点がある、などの場合は要注意です。

白っぽい舌は貧血の疑いが強く、めまいや立ちくらみ、動悸をともなうこともあります。
赤みが強い舌は、体に熱があることを示しています。発熱でなければ”のぼせ”が考えられます。
どす黒かったり紫色の舌は、毛細血管の流れが悪いしるしです。

東洋医学では、血の流れが滞った状態を「瘀血(おけつ)」といいます。瘀血はいたるところに生じ、あらゆる症状が現れます。女性の場合は、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫、月経痛などを引き起こします。
結局のところ、まずは血流をよくすることです。

0 件のコメント:

コメントを投稿