2017年5月29日月曜日

賞味期限のウソ

おはようございます。先日の東京出張に携帯した本の話です。
今回は栄養学や生理学からは離れて、軽く笑い飛ばせるものを、という気分でした。そこでバッグに入れたのが、『笑う中国人』(文春新書)という本。

その中にあった、魚屋と客の会話。
「この魚、私が先週買ったのと比べると活きが悪いわよ」
「そんなことありませんよ。同じですよ。だって同時に仕入れたんですから」

これは賞味期限というよりは消費期限の話ですね。いくらなんでも、これを食べてはいけないことは誰でもわかります。では、この魚は一体いつまでだったら美味しく食することができたのか、つまり賞味期限となると意外とむずかしくなります。賞味期限の根拠や詳しい内容について知っている人は多くはありません。

『賞味期限のウソ』という本が出版されています。 

表紙の写真に「卵は57日間、生で食べられる!」と書いてあります。
日本卵業協会によれば、卵の賞味期限は、産卵後1週間以内にパックし、パックしてから2週間後の日付です。そして、この2週間の根拠はというと、「夏場に生で食べる」ことを前提にしているそうです。
まさか、そんな人はいないですよね。夏場であれば間違いなく冷蔵庫に入れるはずです。

本にある57日間というのは、気温10℃くらいの冬場であれば、そのくらいは生で食べられる、という意味です。もちろん2カ月を過ぎても、冷蔵保存であれば賞味期限は更に長くなりますし、加熱料理にすればまったく問題はありません。
賞味期限は、あくまでもアバウトな目安です。あまりにも厳格にそれを守ろうとしている人は、知らないうちに大切な食品を無駄にしているかもしれません。

スーパーなどの小売店の多くは、賞味期限よりもっと手前の日に商品を撤去します。賞味期限全体(3週間)の3分の2のところに「販売期限」を設定し、その日になると棚から撤去するという「3分の1ルール」というものがあるそうです。
撤去しても、実際には廃棄せずに、惣菜など調理済食品に回っているのだと思いますが、知る由もありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿