2017年5月19日金曜日

分子栄養学講習・続編①

こんにちは。13日(日)と14日(月)の2日間、都内で再び栄養学集中講習を行いました。今回も11名の勉強熱心な受講者と一緒に、密度の濃い時間を過ごしました。

初日は、前回の講習で出来なかったことを学習しました。脂質、糖質、食物繊維、酵素、腸内環境、添加物。

分子栄養学の立場で考えれば、脂質はとりわけ重要です。体をつくる材料として一番多いのは(水を除けば)タンパク質ですが、それに続くのが脂質だからです。
それも、ただ量が満たされていればよいということではありません。何の油で構成されているかという「質」が健康状態を左右するからです。

そこで重要になってくるのが、オメガ3(おもにEPA / DHA)とオメガ6(おもにリノール酸)の比率。この比率を適正に近づけるのが如何に難しいのかを、具体的に食品に含まれる量を引き合いに出して説明しました。

もう一つがコレステロール。これも大切なのはLDLとHDLのバランス。コレステロールがよくないのではなくて、このバランスが崩れたときに動脈硬化のリスクが高まるのが問題です。
講習では、何がそのバランスを崩すのか、逆に何がバランスを整えるのか、ということを学習しました。

それ以外にも、
「なぜ、外食や中食には揚げ物がやたらと多いのか?」
「なぜ、『メガビタミン』があって『メガミネラル』がないのか?」
「なぜ、40歳を過ぎると体は衰えていくのか?」
「高校時代の食物繊維不足が乳がん発症リスクを高める」
といった興味深い話題についても一緒に考えていただきました。

初日の講習終了後は、例によって懇親会。あっという間の3時間でした。
楽しすぎて、写真撮影を忘れてしまいました。
(つづく)

0 件のコメント:

コメントを投稿