2017年4月24日月曜日

チョコレート④

おはようございます。
チョコレートシリーズの冒頭では、本土や海外のチョコレート菓子ばかり紹介してきましたが、沖縄も負けてはいません。
宜野湾市にある洋菓子店では、本場ウイーン仕込みのザッハトルテをつくっています。

イートインも可能なので、ザッハトルテと紅茶でひとときのウイーン気分・・・と言いたいところでしたが、BGMがモーツァルト(はよかったのですが) → サティ(フランス) → エルガー(イギリス) → グリーグ(ノルウェー)と、どんどんウイーンから離れていってしまいました。
それでも、ザッハトルテは絶品でした。


高カカオチョコレートの補足です。
内閣府と明治製菓による共同研究で、高カカオチョコレートを継続摂取することにより、脳の若返り効果の可能性が言及されました。
45歳から68歳の成人男女30人(15人ずつ)に高カカオチョコレートを4週間摂取してもらったところ、大脳皮質の量が増えたそうです。
サンプル数が少なく、カカオのパーセンテージなど詳細が分からないので現時点ではコメントのしようがありませんが、さらなるデータを待ちたいところです。

明治製菓の高カカオチョコレートで人気が出たためか、他社からも同様のチョコレートが発売されています。


カカオ分を増やして相対的に砂糖を減らすのはいいことですが、”デリシャス”とか”ざくろ”を見ると、今度は別のことが気になります。
そこで成分表を調べてみると、案の定「香料」の2文字が入っていました。
果たして、どこまで健康のことを考えているのか、いないのか・・・

参考までに、こんな商品もあります。

このブログを熱心にお読みいただいている方は、ある記事を思い出しているかもしれません。
     ⇓      ⇓      ⇓

砂糖がない分、こういった人工甘味料がちゃっかり、もとい、しっかり入っています。
一事が万事。こういう会社はおおよそ何を考えて商品を企画、製造しているのか、学習すれば透けて見えてきます。
それでも、そこまで学習する人はほんの一握りなので、やはりこの商品も売れているようです。

賢い消費者のみが自身の健康を守れる。そういう時代なのかもしれません。
皆さん、勉強しましょうね!

0 件のコメント:

コメントを投稿