2017年4月18日火曜日

チョコレート③

おはようございます。 北海道産のジャガイモが不作のため、一部のポテトチップスが製造・出荷を停止しているようです。昔の私であれば無関係ではありませんでしたが、今では年に2~3回くらいでしょうか、縁遠い話になりました。

スーパーの店頭では県産のジャガイモが並んでいます。

出荷時期は決まっていて、2月から4月。生産量がそれほど多くはないので、どこでも見かけるというわけではありません。
もうすぐ時期が終わると、それに代わって北海道産で埋めつくされますが、今年はどうなるのでしょうか。



チョコレートの話を続けます。このチョコレートもお気に入りの一つ、Leonidas(レオニダス)のオランジェット。

細切りにしたオレンジの皮がビターチョコレートでコーティングされています。
Leonidasは、ベルギー王室御用達のチョコだそうです。


さて、チョコレートに含まれる砂糖は、そんなに多いのでしょうか。
それを確かめる前に、原材料表記の復習です。原材料表記は、原料(天然)の多いものから少ない順に、続いて添加物の多いものから少ない順へ、という配列でした。
    ⇓      ⇓      ⇓

じっさいに、スーパーやコンビニ等で「砂糖」が何番目に表記してあるか確かめてください。
ほとんどの商品は、主原料であるカカオマスを押しのけて堂々1番目に記されています。「ビター」味のチョコレートでさえ、そのほとんどは砂糖がトップに位置しています。どこがビターなのでしょう?

おそらく、そうしないと日本人には苦すぎて食べられないのでは、と推測できます。
なんか、似たような話を何か月か前にブログで書いたような気がします。

ところが、数年前から本当に砂糖を抑えた高カカオチョコレートが登場しています。

○○%とは、全重量に対するカカオ豆の割合です。従来のチョコレートは、30~40%のカカオを含みます。それに対してカカオの含有量が70%以上のものを高カカオチョコレートと一般的には呼ぶようです。

あま~いチョコレートに慣れ切ってしまった人は、相当な苦みを感じるに違いありません。
が、次第に舌が慣れてくると、チョコレート本来のカカオマスの風味が口の中に広がってくるはずです。

95%は、さすがに苦くて閉口してしまいますが、中間の86%であれば何とか口にできます。72%は、ほんのりとした甘さが漂い、人気があるようです。
カカオ分が多いほど、ポリフェノールの含有量も多くなります。

カカオは脂質が多いため、エネルギー量は相対的に高くなります。「砂糖が少ない分、ダイエット効果がある」というのは勘違いです。
ともあれ、食べるならこういったものがお勧めです。

0 件のコメント:

コメントを投稿