2017年3月25日土曜日

サンゴも必要なのは栄養

こんにちは。昨日は、所用で八重瀬町の屋宜原加盟店におじゃましました。
閑静な住宅地の中にあるお洒落な住宅で営業しています。駐車場完備です。
ここのオーナーである知念富士子さんは、開業して13年目のベテランです。その経験値もさることながら、温かい人柄と温熱への人一倍強い想いをもって、日々施療に当っています。
本島南部の方は、ぜひ一度お出かけください。



前回は、霞んだ海の話になりましたので、今回は澄み切った青い海の写真です。
これでは、どこだか分かりませんね。
読谷村・残波岬です。

沖縄の海が本土のものと比べて青いのは、海岸に接するように広がっている裾礁(きょしょう)と呼ばれるサンゴ礁に由来していると言われています。
7色の太陽光線のうち唯一海面を突き抜ける青色光線が、裾礁に反射して青く見える、という説が有力です。異説もありますが、キレイであればどちらでもいいです。私は。

科学雑誌「NEWTON」2017年4月号(今号)にサンゴ礁に関する記事があります。
サンゴは、光合成によって生産される栄養を使って成長します。光合成を担うのは共生藻という藻です。
ところが、近年の海水温上昇でサンゴの白化が懸念されています。白化とは、サンゴの体内から共生藻が抜けて、文字通りサンゴ礁が白くなってしまう現象です。
これではサンゴに栄養が供給できません。生きていくのに栄養が必要なのは、人間もサンゴも同じです。(ちなみに、サンゴは植物ではなく動物です。)

いつまでもサンゴ礁が生育できる環境が保たれ、青い海を見続けたいと願うばかりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿