2017年2月13日月曜日

分子栄養学集中講習②

懇親会の勢いそのままに、講習会は2日目に突入です。

私も、2月の東京には全く似つかわしくない「かりゆしウェア」でパワー全開です。

講習2日目(最終日)の柱は「メガビタミン」です。ビタミン(ミネラル)を摂取するに当たっては、「どのくらい摂ればよいのか」という問題になります。
それを決めるには、摂る目的をハッキリさせることが大切です。つまり、

①欠乏症(ビタミンB1であれば脚気)予防が目的なのか
②生活習慣病全般にわたる、より積極的な予防、健康増進が目的なのか
③生活習慣病の緩和、もしくは治癒を目指す、つまり栄養素を治療のように使うのが目的なのか

上記3つでは、必要量がまったく違ってきます。
自分は何を目的としてビタミン(ミネラル)を摂るのか、軸をしっかり持つことが重要だとお伝えしました。
講習では、②の積極的な予防を見据えた必要摂取量を中心に解説しました。

それを前提としてサプリメントの学習です。かなり時間を割いた部分です。
とくに琉球温熱のアミノ酸サプリメント(2種)マルチビタミン&ミネラルに関しては、禁断の他社商品との比較も行い、その特長をあらためて理解していただきました。

サプリメントの解説が終わったところで終了です。

この講習では、従来のテキストを全面的に見直し、大幅にバージョンアップしたものを使用しました。
が、意欲的になり過ぎたのか、そのすべてを2日間で終わらすことは到底できませんでした。

すべてどころか、半分でしたね。
それでも、分子栄養学の3本柱である「メガタンパク」「メガビタミン」そして「スカベンジャー」について、たっぷりと時間を掛けて説明できたので、納得度は比較的高いかもしれません。

なによりも、受講者の皆さんの輝くまなざしを浴びながら過ごすことができて、この上なく充実した2日間になりました。
次回は、5月。

0 件のコメント:

コメントを投稿