2016年12月18日日曜日

大麦(水溶性食物繊維)

おはようございます。今週半ば、保養のため北部のリゾートホテルへ行きました。
去年も訪れた、「ホテルオリオン・モトブ リゾート&スパ」。

ここはなんといっても、眼下に青い海を眺められるベランダつきの部屋が魅力です。


オーシャンビューの天然温泉も。夕陽は・・・残念ながら見れませんでした。

    食事も文句のつけようがありません。

    (レストランからの風景)


忘れてはいけないのが、ウェルカムビール! その日、名護工場でつくりたての新鮮なオリオンビールです。

住まいや職場(中部)から程よく離れているので、ここにいる間は日常を忘れてくつろぐことができます。

この時期ここを訪れるのは、「1年間お疲れさま~」の意味も含んでいます。だから、全力で仕事をして相応の成果を出さなければ、心から満喫できないという仕組みです。一応は、高いハードルを設けています。
また来年も、この時期に来れることが1つの目標です。


前段が長くなりましたが、「日経ヘルス」という雑誌に、今年の健康・美容トレンド番付という記事がありました。

この中で、西の横綱「大麦入り食品」が流行っていたことは全く知りませんでした。
大麦は水溶性食物繊維が豊富です。水溶性食物繊維は、有害物の吸着・除去作用(大腸がん予防)があるほか、善玉菌のエサとなり腸内細菌バランスを整えます。腸内環境の改善には打ってつけです。

上記の「有害物の吸着・除去」に少し説明を加えると、水溶性食物繊維は、有害物をともなった胆汁酸に吸着して体外に排泄するのです。これがないと、胆汁酸はそのまま腸から吸収されて肝臓に戻ってしまいます。
有害物の中には水銀などの重金属も含まれますので、この仕事は重要です。

大麦に話を戻して、最近「スーパー大麦入りグラノーラ」というものが売れているそうです。スーパー大麦は、非遺伝子組み換えで、一般の大麦と比べて約2倍の水溶性食物繊維を含んでいます。
もっとも、そこに含まれる2倍の大麦を食べれば同じことです。ご飯に多めの大麦を混ぜて炊くのもよいかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿