2016年10月4日火曜日

マグネシウム・亜鉛・セレン

 前回のブログの終わりに、私自身のビタミン・ミネラルの測定結果を掲出しました。
 アミノ酸やビタミンと比べると、ミネラルのスコアは、30台3つに加えて40前後に6~7つと、ややバラつきがあります。これはこれで改善の余地がありますが、ミネラルの中で私が比較的重視しているのがマグネシウム、亜鉛、セレンです。

 マグネシウムは、300種類以上の酵素の補酵素として働く、ミネラルの最強プレーヤーです。
http://shopblog.ryukyu-onnetsu.jp/2015/02/blog-post_17.html

 亜鉛も、250種類以上の酵素を助ける、準エース級の補酵素です。
http://shopblog.ryukyu-onnetsu.jp/2015/02/blog-post_19.html

 一方のセレンは、ビタミンCやビタミンEを凌ぐ抗酸化作用を持ち、がん予防の効果でも注目を浴びているミネラルです。
http://shopblog.ryukyu-onnetsu.jp/2015/02/blog-post_20.html

 この3つのミネラルが、どれだけ予防に関与しているのかは、以下の資料を見てもわかります。













 登場回数が多いのは、やはりマグネシウム、亜鉛、それにセレンです。

 では、あらためて私の3つのスコアを見てみると・・・・・

マグネシウム 53    亜鉛 50   セレン 49

 うん、なかなかですねぇ。
 やや話の展開が強引ですが、エネルギー測定の結果は、このように細かく見ていくと、さまざまな発見があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿