2016年9月30日金曜日

タンパク質は合格点?

 こんにちは。今週の火曜日は、午前中だけで6名のエネルギー測定を行うという、怒涛のような時間でした。
 6名中4名は、はじめてお会いする人でした。お住まいは沖縄本島、宮古島、兵庫県とまちまち、年齢もまちまち、もちろん体調や症状もまちまちです。

 エネルギー測定の仕事は、7月から始めました。パソコン操作だけであれば、覚えれば誰でもできます。
 大事なのはそこではなく、約15分前後の測定中におけるお客様とのコミュニケーションです。

 症状や治療経過、仕事、生活習慣や食事内容など、聞き出せる範囲で話していただきます。
 その中で必要なものは屋比久先生(カウンセリング)に伝え、その場でアドバイス出来るものは与えられた時間の中で伝えます。あるいは、その場で判断して、追加のメニューを測定することもあります。

 15分間のコミュニケーションは、頭の中で整理して話す、無駄な言葉を省く、テンポよく次の話題に移る等、やってみると結構なスキルが必要であることに気付きます。ときに話の流れで大爆笑することもしばしばですが、それも含めて大切な時間であると思っています。


 ではここで、私自身の測定結果の一部をお見せします。
 朝から卵を2つ食べている私は、タンパク質が充足しているのでしょうか? それともまだ不足しているのでしょうか?

 































 20種類+αのアミノ酸別のスコアが印刷されています。大雑把な見方をいうと、50が適正、50から離れていくほど不足しています。
 お受けになっていない方には、さっぱり分からないと思います。また、他の方のデータを勝手に借用するわけにもいかず、比較ができないので、その点でもピンとこないかもしれません。
 
 おおよその感覚で言うと、50±3以内であれば合格点、50±6~7以内であれば及第点、50±10以内であればギリギリセーフといったことろでしょうか。この測定、結構厳しいスコアが出ます。

 多少甘いかもしれませんが、一応合格ということにしておきましょう。ご自身の栄養状態が気になる方は、ぜひ測定を受けてみてください。

 参考までに、私のビタミン・ミネラルの結果も掲出します。


0 件のコメント:

コメントを投稿