2016年8月28日日曜日

がんは予防できる

 おはようございます。下は最近の新聞記事です。


 


































 また、日経Goodayというウェブサイトにも似たような記事が掲載されていました。


当たり前といえば当たり前のことしか書いていません。喫煙や過度の飲酒をつつしみ、運動をして体型を維持さえすれば、がん死を半分近く減らせる、という内容です。
であるならば、ここには載っていない、栄養状態腸内環境の改善に取り組めば、この数値はさらに大きく低下するに違いありません。

 がん発症数のうち、遺伝によるものは5%未満と言われています。ということは、95%以上は防ぎようがある、つまり予防可能だといえます。
 予防可能であるならば予防しようよ、ということを4年前に拙著で訴えようとしたのですが、こういう考えはなかなか広がらず浸透しません。

 それでも、温熱施療や研修、セミナー等で日々さまざまな方と接していると、同じ想いで予防に努めておられる方と話ができるので、いくらかでも救われた気持ちになります。
 そして近々、予防医学や東洋医学に熱心に取り組む東京のある内科クリニック様が、あらたに琉球温熱療法を導入することになりました。今週の金曜日から、その研修が始まります。
 こういう動きが、少しずつでも広がっていくことを願っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿