2016年8月23日火曜日

体に必要な栄養素

おはようございます。私は、加盟店の窓口を担当したり、今月からはエネルギー測定を始めたこともありますが、今の仕事をしていると、まだ知らぬ病名を耳にすることがあります。

先日はじめて聞いたのが、オスグッド症オスグッド症とは、小学校高学年くらいから高校生くらいまでに多く発症する膝の関節痛です。
膝のおさらの少し下の部分がポッコリ膨らんで、押すと痛みが走ったり、走ったりジャンプしたり、または屈伸すると痛むのが特徴です。サッカーやバスケット、テニス、バレーなど、脚を酷使するスポーツをしている子供に多く見られます。
原因は、運動による疲労の蓄積によるものと考えられています。

しかし、激しい運動をする子どもは、昔も今も変わらずにいます。昔はほとんど聞かなかったはずのオスグッド症が、なぜ現代は増えているのか。では、昔と今の違いは?
 そう考えたときに、まず頭に浮かぶのが、食べものの違いです。あくまでも私見ですが、現代の食生活の崩れ、必要な栄養素の欠乏が関係しているような気がします。

 筋肉の材料は、いうまでもなくタンパク質です。関節軟骨の成分であるコラーゲンもタンパク質です。成長期の子供は、タンパク質をしっかり摂らなければいけません。激しい運動をする場合は、タンパク質が壊れるスピードも速いので、それだけ多めに摂る必要があります。
そのタンパク質の合成、代謝に働くのが、ビタミンミネラルです。材料(タンパク質)があっても、ビタミンとミネラルが不足しては、丈夫な体はつくれません。

共働き世帯が増加し、それに伴い便利な食品や食事が普及しました。つまり、冷凍食品、インスタント食品、レトルト食品、あるいはファミレス、コンビニの弁当や総菜です。これらの食品や食事には、タンパク質はきわめて少なく、ビタミンとミネラルはほぼないと思ってよさそうです。
こういった食品を日頃から多用していると、次第に体の材料が欠乏します。

オスグッド症対策にかぎらず、成長期の子供には、体の材料となる栄養素を十分に摂ることが何よりも大切です。

0 件のコメント:

コメントを投稿