2016年6月7日火曜日

アミノ酸&ビタミンC

おはようございます。「健康だよりNo.21」ができあがっています。















表面は屋比久先生の原稿で「タンパク質・ペプチド・アミノ酸」プロテインとアミノ酸は“似て非なる”サプリメントであることが、自らの体験も交えて書かれています。

タンパク質をサプリメントで補給しようとしたとき、一般的に知られているのはプロテインです。ドラッグストアでも手軽に買えますし、スポーツジムに通っている人は「筋肉=タンパク質=プロテイン」という図式が頭にあるのではないでしょうか。
もちろん、若くて消化レベルが高い場合には、それでもいいかもしれません。が、中高年、高齢者が同じことをやってしまうと、栄養補給どころか腸内環境の悪化をまねくことになります。
弊社がプロテインではなくアミノ酸を販売している意味を、今一度ご理解いただければ幸いです。

裏面は私の原稿で「ビタミンCについて②」。ビタミンのエースといわれるビタミンC。そのビタミンCを、毎日どのくらい摂ればよいのかということを書いてみました。
同じく弊社が販売しているサプリメントに、「マルチビタミン&ミネラル」があります。ビタミンCは、その中にも765mg(1日標準15粒あたり)という、普通に考えれば十分な量が含まれています。
にもかかわらず、それとは別に「ハイパワーC」というビタミンCに特化した商品もラインアップしています。その理由は、前回No.20の原稿と併せて読めば、理解していただけます。キーワードはメガビタミンです。

本院および各加盟店で入手できます。

今日から、5日間のアシスタント施療師研修です。アシスタント施療師研修とは、加盟店のオーナー様が施療師体制を強化したい、オーナー自身は本業等で多忙なため現場を任せられる施療師を育成したい、などの事情で実施するものです。
 通常の加盟店研修(4週間)に比べるとアッという間に終わってしまいますが、短期決戦であるぶん双方とも真剣になります。

 今週は、緊張感のある週になりそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿