2016年6月28日火曜日

糖質制限食②

早いもので今年も半分が終わろうとしています。振りかえってみて、納得いく半年でしたか?

私は、というと・・・。
仕事面では、1カ月の加盟店研修(4月)に加えてアシスタント研修が2回。国内では初めての出張研修は、ぜひまた実施したいと思います。
また施療回数が増えているため、メリハリがありヒマなときはありません。人はヒマだとロクなことがないので、その点ではよいのかもしれません。

勉強面では、中国語検定4級を取得し、秋の3級チャレンジに向けてまい進中です。ただし検定はあくまでもプロセスで、目的は会話をすること。今後は、会話する機会を増やしていくつもりです。
春からスタートした放送大学の「人体の構造と機能」という科目は、思いのほかむずかしく苦戦しています。いままでの勉強が足りなかった、ということでしょうか。

趣味娯楽面の上半期は、なんといっても見たかった絵画に浸ったこと。モネ展(福岡)では、印象派の由来となった『印象・日の出』を、ルノアール展(東京)では、初来日の『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』と豊かな色彩を放つ『ピアノを弾く少女』を、いずれも初鑑賞。
数年分の至福感を味わえました。
下半期も、仕事とプライベート両面でより充実させたいと考えています。


糖質制限食のつづきです。糖質制限食で摂取を控えるのは、まずは主食である(白米)ご飯、パン、麺類、もち、お好み焼きなどの粉もの。それに砂糖、砂糖が含まれるお菓子や飲料です。
砂糖を摂らないのは異論ありません。むしろ体にいいことです。
精白された米や小麦でつくられた食品も、中高年以上であれば腹八分、エネルギー不足にならないのであれば腹六分というのも有りでしょう。GI値(ブドウ糖が吸収される早さを数値化したもの)が高い食品でもあるので、糖尿病の人はとくに注意が必要です。

ただ、まったく摂らないとなると、糖質不足は避けられません。糖質制限食では、その代わりに脂質とタンパク質をしっかり食べてエネルギー化するということです。脂質はともかく、タンパク質は大切な体の材料であるので極力エネルギーとして使いたくない、ということはブログでも書きました。
前回、糖質制限食が導入される3つの場面を紹介しましたが・・・
①「ダイエット」に成功したとしても、タンパク質を材料とするコラーゲン不足でお肌ザラザラ。これでは喜び半分です。
②「糖尿病」が進行すると、全身的な炎症で血管はボロボロ状態です。放置しておくと動脈硬化にリスクが高まります。
丈夫で柔軟性のある血管を形成するのもコラーゲン。タンパク質が不足していいはずがありません。
③「ガン」と闘う場合には、自らの免疫力を引き上げなくてはいけません。では体内にある免疫力の要はというと、白血球(リンパ球)です。それ以外にも、聞きなれない言葉ですが、免疫グロブリン、各種インターロイキンなどの神経伝達物質があります。
これらはすべてタンパク質を材料としています。タンパク質不足では、ガンと闘えるべくもありません。


先日ある人から聞いた話では、それも踏まえて卵、肉、魚、豆腐、納豆などを大幅に増やしている、とおっしゃっていました。一件落着のようにも思えますが、今度は果たして何グラムが分解・吸収されているのかが気になってきます。
タンパク質の分解・吸収は、糖質や脂質のそれと比べて難をともなうこともブログで書きました。分解されなかったものは未分化タンパクとなり、腸内環境を悪化させます。

タンパク質の大幅増量は心掛けとしてはよいのですが、消化力が下降線をたどる一定年齢以上の場合は要注意です。
(次回につづく) 

0 件のコメント:

コメントを投稿