2016年5月27日金曜日

ジュース&スムージー

 おはようございます。
 前回のブログで天ぷらが登場しました。高温調理ももちろん警戒が必要ですが、それにもまして、使った油をオイルポットに保存して何回も使うのは避けましょう。
 もう理由を書く必要はないと思いますが、念のために過去ブログを掲出しておきます。
 
 使用済み油の使い道として、土に帰す方法があります。廃油肥料と呼ばれるものです。
 詳しいことは分かりませんが、土壌中の微生物を増やすようです。ガーデニング好きの人には一考です。
 関連サイトがありましたので、これも掲出しておきます。
 

さて、トマト、きゅうり、大根、人参、ゴーヤー etc. と、野菜がいろいろ登場しました。最近では、さまざまな野菜や果物を使ってジュース、またはスムージーをつくる人が増えているようです。
野菜ジュースやスムージーとの関わりもあるアスコルビナーゼ(酵素)の話も出ましたので、少し触れてみます。
    
野菜ジュースをつくるときにはジューサー、スムージーをつくるときにはミキサーを使っている人が多いと思います。ちなみに、ジューサーは野菜や果物から繊維質を分離して水分を搾りだすもの、ミキサーは野菜や果物を細かく切り刻んで材料を混ぜ合わせるものです。繊維質が残っているのでドロッとした食感になります。

すでにご存知の方も多いようですが、ここで問題となるのがジューサーやミキサーの回転数です。
とくに市販されているジューサーのほとんどは、1分あたり1万~2万回転の高速遠心分離方式と呼ばれるものです。スピーディーにつくれる一方で、高速回転する刃による摩擦熱により、熱に弱い酵素やビタミンなどが壊れるおそれがあります

そこで登場するのが、低速回転ジューサーです。1分あたり数十回転の低速圧縮絞りのため、酵素やビタミンが壊れにくいメリットがあります。
数年前まではただ一社からのみの製品だったと記憶していますが、今では大手を含めて数社から販売されています。それだけ酵素への認知度が高まっているのかもしれません。

つぎにスムージー(ミキサー)ですが、ミキサーも基本的には高速回転ですので、酵素が壊れてしまう可能性はあります。ここでのポイントは、サッと短時間でつくってしまうということです。
酵素は熱に弱いといっても、ある温度に達して瞬間的に失活するのではありません。温度×時間の累計で酵素としての機能が低下していきます。
したがって、完全に砕き切るまでやろうとせず、ある程度大まかでも手早く作るのがいいかもしれません。

我が家では、ジュースではなくスムージーです。理由はもちろん繊維質をしっかり摂るためです。
お通じが順調でない人や腸内環境が気になる人は、スムージーがお薦めです。   

0 件のコメント:

コメントを投稿