2016年3月30日水曜日

外食・中食について(続)

おはようございます。3月も明日で終わり、明後日から新しい年度が始まります。
私はというと・・・。昨年夏から始めた中国語の学習が一つの節目を迎え(テレビ講座やラジオ講座は3月で修了)、日曜日に検定試験にトライし、4月以降さらにステップアップしようと学習計画を練っています。
そして、念願の放送大学も始まります。

仕事の方は、一足早く加盟店研修がスタートし、新年度に入っています。
今回の受講生は、北海道で開業予定のご夫婦。ご夫婦での研修は、今までありそうでなかった初めてのパターンのようです。
加盟店を経営するにあたっては、ご夫婦で、できれば温熱ベッド2台で開業するのが、もっとも理想的だと思っています。今後、ご夫婦での受講が増えることを願っています。


前回のつづき。外食・中食で気掛かりなのは、添加物だけではありません。
 たとえば、野菜の残留農薬。自宅であれば、湯通しする、塩水や酢水、または重曹水やクエン酸水につける、などの方法で多少は落とすこともできます。外食・中食の場合は、それは確かめられません。が、忙しい現場でそこまでの手間ひまは掛けているとは、普通は考えられません。

 遺伝子組み換えの問題もあります。大豆やとうもろこしの9割以上は、アメリカからの輸入物です。徹底的に効率・生産性を追求したために、そのほとんどは結果として遺伝子組み換えと思ってよいでしょう。
前回のブログで登場した、甘みをつけるためのブドウ糖果糖液糖。これは、ほぼ間違いなく遺伝子組み換えのとうもろこしを原料としています。

 野菜や肉、魚の鮮度。味覚の鋭い人ならばともかく、これについても確かめようもありません。

 鮮度といえば油。きわめて限られた良心的な店をのぞけば、外食・中食で鮮度のよい油は期待しないほうがよいでしょう。油を入れ替える手間ひまの負担もありますが(かつて私もやっていました)、やはり切実なのはコストでしょう。いうまでもなくコストの増加は、店舗にとって死活問題だからです。
 油の鮮度がよくないということは、酸化した油だということです。

 何の油を使っているのかも大事です。気になるのが、焼き立てパンや焼き菓子、ケーキなど。あのフワフワ感やサクサク感を出すために使われるのがマーガリンショートニング。トランス脂肪酸です。
お忘れになった方は、こちらで復習してください。
⇓      ⇓      ⇓
 外食・中食に関して、気にし始めたらキリがないかもしれません。食事は楽しむことも大切ですし、ときどきは気分を変えて、普段と違う場で違うものを食べたほうが生活にメリハリがつくかもしれません。
 私も、それなりに外食・中食を利用します。ただ、それなりに食材や油などは気にします。もちろん、タンパク質をはじめとした栄養のバランスもチェックします。
 そういう場面でも、知っているのと知らないのとでは大違いだということを言いたいのです。


0 件のコメント:

コメントを投稿