2016年3月22日火曜日

納豆

おはようございます。先日、スーパーで沖縄産のニンニクを見つけました。



















5つ入りで298円! まるで中国産を思わせる価格です。
ニンニク、生姜、ケールetc.  沖縄独特のもの以外にも、体によい県産野菜が探せばいろいろあります。スーパーでは、よ~くラベルを見る必要があります。


数日前、BSで「爆買いしたのワタシです」という番組を放送していました。来日して「爆買い」し、帰国したあとの模様を追ったドキュメンタリーでした。
当然ながら温水洗浄便座と炊飯ジャーは登場しますが、それ以外で興味深かった場面を紹介します。

中国では今、納豆の中のある有効成分が注目を浴びているようです。ナットウキナーゼです。
ナットウキナーゼは酵素の1種ですが、血管壁にできる血栓を除去し、血液の流れをサラサラにする働きがあります。それによって動脈硬化、それが引き金となる心筋梗塞脳梗塞を予防することが期待できます。

食生活が激変し、日本同様に生活習慣病だらけになりつつある中国では、ありえない話ではありません。
 では中国で納豆そのものがブームなのかというと、そうではないようです。番組に出てきた家族は「臭くて食べられない」と言っていました。 
納豆発祥の地である日本でも関西圏を中心に苦手な人が多いので、無理もないかもしれません。

つまり、ナットウキナーゼのサプリメントを「爆買い」しているのです。番組で映った商品は1個3万8千円! 購入者曰く「中国では安いものは信用できない。だから高いものを選んだ」。
たしかに、あまりにも安いサプリメントは私も警戒しますが、1箱3万8千円までくると“ボッタリ”ではないのかという気もしますが。

ちなみに当社の「ダイナーゼ」は、,742円です。ワーファリンを服用している人のためにビタミンK2を抜いています。
ともあれ、まずは納豆を食べましょう。ナットウキナーゼに加えて、善玉菌の一つである納豆菌、そして乳酸菌も豊富です。

※抗血液凝固剤であるワーファリンを服用する場合、納豆に含まれるビタミンK2がその作用を打ち消してしまいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿