2016年1月29日金曜日

防カビ剤②

おはようございます。突然ですが、誕生石ならぬ誕生色というのをご存知ですか? 
誕生色は古来からあったわけではありません。新潟県の十日町織物工業共同組合が、日本の伝統食をもとに、美しい名をつけて12カ月の色を選んだものです。 

1月の誕生色はというと、想紅(おもいくれない)という何とも奥ゆかしい名前が与えられています。想紅とは、雪の中で凛と咲く寒椿の深い紅のことです。
もうすぐ2月。2月の誕生色は恋待蕾(こいまちつぼみ)。大和言葉の響きに酔いしれそうです。


誕生色のイメージからは程遠い、防カビ剤の危険性についての話です。
過去に東京都立衛生研究所(現東京都健康安全研究センター)がラットを使った動物実験では、OPPは83%の確率で膀胱がんを発症させています
同じくマウスを使ったTBZの実験では、お腹の子どもに手足や尾の奇形や骨格異常などが認められました。動物実験の結果ではありますが、妊娠している女性が催奇形性のある化学合成物質を摂取した場合、胎児に先天性障害が起こる危険性が絶対ないとは言い切れません。
にもかかわらず、どうしてそれが認可されているのでしょうか。

理由は、こうです。
1975年のこと、アメリカから輸入された柑橘類からOPPが検出されました。が、日本ではまだ使用が認められていませんでした。当時の厚生省は、食品衛生法に違反しているとして柑橘類の廃棄を命令しました。
それに対してアメリカ政府が猛反発し、日本政府に圧力をかけてきたのです。柑橘類を船で輸送する際に発生する白カビを防ぐために、OPPはどうしても必要であり、これを使えなければ柑橘類を日本に輸出できなかったからです。

このころ日米間では貿易摩擦が起こっていました。日本から自動車や電化製品が大量に輸出され、貿易のアンバランスが生じていました。アメリカ政府は、そのアンバランスを是正するために牛肉と柑橘類の輸入を求めてきました。
OPPを認可するか否かは「高度な政治判断」に委ねられることになりました。つまり、安全性など二の次で、政治的な事情によって、危険と知りつつもOPPが承認されたということです。その際、OPP-Naも一緒に認可されました。TBZの認可の過程も似たり寄ったりです。

消費者はたまったものではありません。もちろん私は、絶対に手をだしません。

(次回につづく)

2016年1月26日火曜日

防カビ剤①

先週、県産スーパーフードの話をしましたが、先日スーパーで買い物をしていると、こんなスーパーフードが陳列されていました。















県産の生姜があるのは初めて知りました。しかもこの寒い冬場に、新鮮でしかも安いものが出回っているのは嬉しいことかぎりなしです。
また一つ「灯台もと暗し」が見つかりました。


 昨年から気になる食品添加物を一つひとつ紹介していますが、それらは一応、厚生労働省のテストで一定の基準を満たしていることになっています。一定の基準を満たしている、というのも分かりにくいですが、過度な量を摂取しなければ危険性はない、と受け取ってよいでしょう。
それを鵜呑みにしてよいかどうかは疑わしいですが。

ところが、実際には厚労省が安全とは認めていないものも存在します。その具体例を書きましょう。
輸入されたレモンやオレンジ、グレープフルーツに使用される防カビ剤OPP(オルトフェニルフェノール)OPP-Na(ナトリウム)、それにTBZ(チアベンダゾール)の3つです。
店頭で確かめてみてください。ただし、「バラ売り商品は添加物表記が免除される」という規定があるので、ビニール袋かネットで包まれているものがよいうでしょう。“小さな”シールが貼られていて、そこに「OPP」などの文字が印刷されています。

レモンやオレンジ、グレープフルーツは、その大半がアメリカ、それ以外ではチリ、イスラエル、南アフリカ、オーストラリアなど、いずれも遠く離れた国から輸入されます。
収穫された果実はたいがい船で運ばれますが、日本に着くまでに数週間かかります。何もしなければ、その間に腐る、カビが生えるということが起こります。それを防ぐためにOPP、OPP-Na、TBZが使用されます。
(次回につづく)

2016年1月23日土曜日

御礼

こんにちは。『日本一わかりやすい栄養と食事の講座』第16回「サプリメントについて~何を摂るか、どれを選ぶか」は先ほど終了しました。寒いなかお越しいただき、ありがとうございました。

今回は、後半に屋比久院長に入っていただいて、サプリメントに関する質疑応答を組み込みました。充実した内容にはなったと思いますが、院長も私も話したいことが多いので、少し時間が足らなかったようです。
また、あらためて機会をつくりたいと思います。

 次回は2月27日(土) 14:00から

 テーマは添加物・電磁波・経皮毒~メディアでは伝えない○○をこっそり教えます」です。このブログで長々とお伝えしてきたことを、コンパクトにわかりやすく説明します。


 明日の沖縄(那覇市)の予想最低気温は7℃。何十年に一度あるかないかの寒さになりそうです(本土の人が聞いたら怒られそうですが)。
 インフルエンザも流行し始めています。ビタミンCを多めに補給して、しっかり予防してください。

2016年1月21日木曜日

チアシード

おはようございます。文字通り、今日は“大寒”になりました。体調にはくれぐれもお気をつけください。

先週の地元紙・琉球新報に以下のような記事が掲載されていました。





























県産素材といえばウコン、モズク、シークヮーサーetc. がすぐに浮かぶのですが、それらは必ずしもランクが高くはありません。上位に入っているのは、人気のあるアサイーやココナッツオイルなどです。
「20~39歳の500人の女性」にアンケートを実施したと記事に書いてあるので、なんとなく頷(うなづ)けます。

そして、栄えある1位に君臨したのが、チアシード。ご存知でしたか?
メキシコから中米あたりが原産地です。アメリカでスーパーフードとして流行し、いつしか日本に渡ってきました。
黒ゴマのような小さな粒ですが、8~10倍の水に浸すと膨らんでジェル状になります。少量で満腹感が得られることから、ダイエットによいということで「20~39歳の女性」に人気なのでしょう。
タピオカに少し似ています。

栄養価はというと、タンパク質(8種類の必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸)、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、セレン、鉄などのミネラル、ビタミンB群、水溶性食物繊維(グルコマンナン)となかなかです。
含まれる油はαリノレン酸といい、EPAやDHAと同じグループの良質な脂質です。ただ、αリノレン酸に関しては、少し違う見解もあります。
     ⇓      ⇓      ⇓ 

ただし、ダイエットを目的として、これを食事代わりにしてしまうと栄養の偏りが出てしまいます。とくに「8種類の必須アミノ酸」というところが盲点です。必須アミノ酸は全部で9種類あります。あと一つの必須アミノ酸をほかの食材から補給しないと、摂取した8種類の利用率が下がってしまう可能性があります。
言っている意味がわからない人は、過去のブログを読んでみてください。
チアシードはヨーグルトやスムージーに混ぜて、栄養を上乗せするくらいに考えたほうがよいかもしれません。。

チアシードを紹介するサイトには、「シリアル食品にトッピングして」という表記も見受けられます。が、シリアル食品は、砂糖や砂糖もどき(ブドウ糖果糖液糖)、香料などの添加物に加えて、遺伝子組み換えという懸念材料が残ります。
さらに、ほとんどの場合は牛乳をかけて食べるはずです。そちらのほうが問題かもしれません。

2016年1月19日火曜日

亜硝酸塩③

おはようございます。先日の磯辺焼きに続いて、安倍川餅に舌鼓(つづみ)を打ちました。













皿は、お気に入りの備前焼。いたって予算の掛からないプチ贅沢なおやつでした。

今週の土曜日(23日)は2カ月ぶりのセミナーです。
テーマは「サプリメントについて~何を摂るか、どれを選ぶか」です。セミナー後半では屋比久先生にも入っていただいて、個別にサプリに関する質問を受け付けます。
またとないチャンスです。ぜひ、いらしてください。


 前回、前々回と説明したように、亜硝酸塩(Ma)には胃がんや大腸がんのリスクが疑われています
 では、どうやって注意、警戒すればいいのでしょうか。

 まずは、亜硝酸塩(Ma)を使用していない商品を選ぶことです。たとえば、日本ハム、信州ハム、イオンのPB(プライベートブランド)から販売されているハムやウインナー、ベーコンには、亜硝酸塩(Ma)不使用の商品があります。
 色はやや茶色っぽいようですが、(ネットの評判では)ハム本来のおいしい味がするそうです。
大手コンビニのパスタやおにぎりに使う明太子、タラコにも亜硝酸塩(Na)を使わないものが増えています。コンビニ商品には別の懸念がありますが、どうしても食べたいときには原材料表記をチェックしましょう。

 もう一つの対策は、ビタミンCの摂取です。ビタミンCはニトロソアミンの生成を抑えます。完全に抑制することはできませんが、それでも有効な手立てといえます。
 最近のハムやソーセージには、ビタミンCを添加している商品が増えています。原材料表記を見ると「酸化防止剤(ビタミンC)」という文字が目立ちます。抗酸化作用のあるビタミンCによって、肉が酸化して防いでいるということです。
ただし、それは表向きの理由であって、本当はニトロソアミンの生成抑止が目的とみてよさそうです。表記はどうであれ、健康のためにビタミンCを入れている、多少なりとも良心的なメーカーのものを選んでください。



 昨年11月16日付の地元紙・琉球新報に、「台湾政府農業委員会はこのほど、台湾産のグアバが亜硝酸塩(Ma)に対し、非常に高い分解効果があると発表した」という記事がありました。台湾産のというところが「?」ですが、今後の臨床実験などの結果を待ちたいと思います。

2016年1月15日金曜日

亜硝酸塩②

おはようございます。昨日、我が家では鏡餅の中の切り餅を3日遅れで食べました。












沖縄ではお雑煮の風習がないので、お餅を食べるとあらためて正月気分(少しだけ)になります。

鏡開きが終われば、沖縄ではムーチーです。本土の方にとっては「ムーチーって何?」と思うでしょう。正直なところ、私もまだ馴染んでいるわけではありませんが、旧暦の12月8日に行う、冬の風物詩です。












旧暦12月8日(今年は1月17日)頃がもっとも寒いといわれているそうですが、それに合わせたかのように冷え込んできました。
くれぐれも風邪を引かないように気をつけてください。


ブログ本文を続けます。発色剤として使われる亜硝酸塩(Maと魚卵や魚肉、食肉などに多く含まれる2級アミンが反応すると、ニトロソアミンという化学物質に変化します。
亜硝酸塩(Ma)と2級アミンを同時に投与した動物実験では、胃や肝臓、腎臓においてニトロソアミンが生成されて、がんが発生することが確認されています。

ニトロソアミンは、酸性の条件下で発生しやすくなります。ということは、胃酸が分泌され強酸性下の環境にある胃で発生し、胃がんを引き起こしやすいことを意味します。昨年10月、WHO(世界保健機関)が加工肉には発がん性あり、と勧告したのは、おそらくニトロソアミンが関係しているものと思われます。
さらに、ニトロソアミン二次胆汁酸(肝臓で生産された一次胆汁酸が、悪玉菌が作り出すある種の酵素によって毒性を帯びたもの)が結合すると、大腸がんのリスクが高まることが知られています。

 亜硝酸塩(Ma)を使用している食品には、明太子、タラコ以外に、ハム、ソーセージ、ベーコン、サラミ、ポーク缶詰等があります。もうお気づきでしょうか。これらの食品はすなわち、魚卵、魚肉、食肉でもあるのです。
亜硝酸塩(Ma)を含んで、さらに2級アミンも含みます。だから注意を要するのです。当然、この食材を使ったパスタ、おにぎり、サンドウイッチ、ピザにも警戒が必要です。

(次回につづく)

2016年1月13日水曜日

亜硝酸塩

おはようございます。一昨日は鏡開きでした。行いましたか?
そういう風習も今では少なくなっているのか、市販の鏡餅飾りも開封(?)してみると普通の切り餅だったりします。












トンカチで叩き割るのも今は昔、といったところでしょうか。


数週間ぶりに食品添加物の話を再開します。
年末には、赤色2号、黄色4号、青色1号・・・といったタール色素について書きました。タール色素を使っている食品は漬物類や明太子だけではなく、子どもが大好きなアイスクリームや氷菓子、キャンディーやガム、チョコレートにも使われています。

今回も引き続き、とくに子育て中のお母さんはしかと(・・・)お読みください。
タール色素の説明をしたときに、冒頭の例で明太子の話をしました。じつは私が明太子を買わなくなったのは、もう一つの添加物の存在があるからです。

その添加物は、亜硝酸塩または亜硝酸Maです。役目は発色剤です。魚卵や魚肉、食肉は時間とともに変色します。酸化して黒ずんでいきます。
見た目が悪く「まずそうに」見えます。当然ながら売上に影響します。
そこで出番となるのが亜硝酸塩(Ma)です。黒ずみかけた明太子でも鮮やかなピンク色に変わります。見た目もきれいで「美味しそうに」見える明太子であり続けます。
亜硝酸塩(Ma)が食品中の有色物質と反応して、その食品の色を安定させるのです。

この亜硝酸塩(Ma)は、単独でもその毒性が指摘されています。
しかし、亜硝酸塩(Ma)が本当に怖いのは、他の物質と混ざり合ったときです。魚卵や魚肉、食肉などに多く含まれる2級アミン(わかりやすくいえば、アンモニアが化学反応したもの)と反応すると、ニトロソアミンという化学物質に変化します。
このニトロソアミンに強い発がん性が疑われています。

(次回につづく)

2016年1月9日土曜日

テンション ↗ アップ

  こんにちは。
 年末に、ファンタジックなイルミネーションを見てきました。

























  本島北部のリゾートホテル、かりゆしビーチリゾートとカヌチャリゾートで開催中のものです。

近年、リゾートホテルのイルミネーションが盛んになっています。オフシーズンの集客が大きな目的だと思われますが、LEDの普及が後押ししていることは間違いありません。その意味でも、2014年ノーベル物理学賞受賞の日本人3名は偉大です。













この年になってイルミネーション? と思われるかもしれませんが、輝くものを見ればテンションが上がります。それはすなわち、いい仕事やいい勉強にもつながりますので、やはり何歳になっても必要です。












このイルミネーション、まだまだ続きます。本島の方、および冬場に来沖予定の方、足を運んでみては?

来週から、本題(食品添加物)の話を再開します。

2016年1月7日木曜日

仕事よりも「工作」

 おはようございます。お正月気分も抜けて、すでに通常モードになっていることと思います。
 ところで、お正月に“おみくじ”を引かれましたか? 私は初詣に行く習慣がないので(年末の御礼参りには必ず行きます)、今年もYahoo! 画面のおみくじをタップしただけです。
 そういう人が増えているのかどうかはわかりませんが、お宮さんでも対策を打っているところがあるようです。京都のある神社では、大吉を超える「大大吉」が登場して人気だとか。また、凶や大凶を入れない社寺も増えているとのことです。

 なぜ、こんなことを書いているのか。じつは次の原稿に関連しているからです。

「勉強と仕事」の続き、“仕事”の部分です。途中やや押しの強い言葉も出てきますが、これはあくまでも、たゆまない努力と創造性が求められる加盟店オーナー向けに書いた文章です。働き方、職業観は人それぞれですので、私の考えを無理強いするつもりは毛頭ありません。あしからず。


もう一つ、取り上げてみたい言葉が「仕事」です。この言葉に使われる文字も、あらためて見ると、命令的、受動的なものを想像させます。仕事にやりがいとか夢を求めるようになったのは近年のことで、長いあいだ仕事とは多分そういうものだったのでしょう。
その仕事のことを、中国語では「工作(ゴンヅォ)」といいます。なにか小学校の図工を連想させますが、こちらのほうが「仕事」よりも創造性豊かな行為だと思いませんか? 

昔とは違って、ただ糊口をしのぐためだけに仕事をしなくてもいい時代です。であれば、自発的、主体的、能動的に仕事をしたほうが間違いなく楽しいでしょう。
仕事を待っているのではなく、自分で生み出す、自分から仕掛けるのです。自分から創り出したほうが、やる気も充実感もその比ではないはず。

仕事は受け身でいるかぎり、イヤなことが集まるだけ(少し言いすぎかもしれませんが)。「仕事は与えられるもの」と考えているかぎり、自分らしく生きることはできないでしょう。
やりたくないことを我慢してやり続けるよりも、やりたいことをやって生きていくほうが幸せではないかと、私は考えます。

話がかなり発展してしまいましたが、今やっている「書く」という行為も、きわめて自発的で創造性を求められる仕事です。
書けば、自分への気付き、足りていない部分など、さまざまな発見があります。書けば、頭の中が整理されます。過去を書けば、将来への道筋が見えてきます。やればやるほど世界が広がるのが、「書く」ことです。今年は、少し書いてみませんか?
(おわり)



 「大大吉」を考えた神社も、まさに自分から仕掛けたわけです。毎年こうだから・・・、いつもそうやっているから・・・。ここから抜け出さないかぎりは、仕事も進化しないようです。

2016年1月5日火曜日

新たな気持ちで・・・

新年、あけましておめでとうございます。本院は昨日から仕事始め、私は今日から仕事始めです。
正月休みはいかがでしたか? よき“一年の計”になったでしょうか。私は、とても気持ちよく新年を迎えることができました。その理由は、のちほど書きます。

 
ブログ本文に移りますが、新年草々から添加物について書くのも湿りがちです。そこで、加盟店向け刊行誌「NEWS LETTER 新春号」に寄稿したコラムを、今回と次回の2回に分けて転載します。
「勉強と仕事」というタイトルです。


昨年の後半は、私にとって意外な展開になった半年でした。
7月、上海加盟店へ実技研修の出張に出向きました。通訳はいたものの、やはり直接コミュニケーションが取れないことへのフラストレーションが溜まりました。そこで帰国後、今後の中国語圏への拡がりも視野に入れて、中国語の学習を始めました。

11月、ふたたび上海へ。付け焼き刃ではあるものの、学んだだけの単語を駆使して臆せず会話に挑戦。今さらながら、言葉が通じることの喜びを実感した瞬間でした。もちろん4か月なりの中国語なので、“通じた”といえるほどのレベルではありません。今年は、このレベルを上げていこうと考えています。

さて、先日テキストを読んでいると、「勉强(ミャンチァン)」という単語が出てきました。强の字が日本の漢字と若干異なりますが、意味も少し違って「無理強いする、強制する」ことを指します。「強」は「強いる」でもありますから、その意味でも不自然さは感じません。こう考えると「勉強」というのは、そもそもは強制されるもの、義務としてやるもの、仕方なくやるもの、という認識が長かったようです。

 思い起こせば、昔経験した期末試験の勉強とか受験勉強は、私にとっては強いられる勉強以外の何ものでもありませんでした。苦痛で苦痛で、試験のたびに苛まれていたのを記憶しています。それはそれで、社会に出るために必要な通り道だったのでしょうけれども。

しかし、社会に出てからの勉強までもが命令とか義務でやるのであれば、寂しいかぎりです。大人になってからの勉強、いや学習は、自分の意思で、自分の学びたいものを、自分に合ったペースで、そして楽しくやりたいものです。私が琉球温熱の世界に入って(まだまだ不十分ながらも)学習し続けてきたのは、ただ好きだったからにほかなりません。

この4月からは放送大学の科目を受講します。大学とはいっても学習したい科目のみを選択するもので、どちらかというとカルチャーセンターに近いかもしれません。が、28年ぶりに学生の肩書きが与えられることに、今から心おどらせています。
(次回につづく)

その放送大学の合格通知書が、大晦日に届きました。もっとも入学試験があるわけではなく、正規の事務手続きを行えば誰でも“合格”できます。












こういうわけで、気持ちよく年を越せました。
そして、新たな気持ちで学習する一年が始まりました。