2015年10月30日金曜日

食品添加物・キャリーオーバー

 おはようございます。今朝は中国・北京から4名の方が来訪され、温熱療法を受けられました。














 私も、最近はじめたばかりの中国語を無理やり使いながら施療をしました。相手も無理やり、というより相当頑張って聞き取っていたようでした。もう少し上手にならなければいけませんね。


前回は添加物の一括表示を紹介しましたが、それ以上に消費者にとっては手ごわい制度があります。
それはキャリーオーバーという巧妙ワザです。このように横文字で見せること自体に、なにか煙に巻こうという意図を感じてしまうのは私だけでしょうか。
 キャリーオーバーとは、原材料から完成品にそのまま持ち越される添加物のことです。平たくいえば、原材料に使われている添加物は表記しなくてもよい、というわけです。
 
具体例で説明したほうが分かりやすいようです。
 醤油せんべいという商品があります。そこで使用される醤油は原材料の一つです。その原材料としての醤油に添加物を入れても、それを表記する義務はありません。ちょっと、いや相当ビックリではないですか。
「醤油の原材料は大豆・小麦・塩だけであって、添加物など入りようがないではないか」と言う人もいるでしょう。それは本物(・・)()醤油(・・)の話であって、外食や中食で使用される業務用のものは醤油(・・)もどき(・・・)と言ってもいいくらいの別物です。

業務用の醤油は、コストを低く抑えるために、大豆は油を絞った残りカスといわれる脱脂加工大豆を使います。この原材料のクオリティの悪さを覆い隠すためなのか、さまざまな添加物が混入します。
例を挙げれば、ブドウ糖果糖液糖、合成甘味料、酸味料、防腐剤、ろ過剤・・・。その完成品は、もはや醤油とは呼べない代物です。
 これだけの添加物を用いても、キャリーオーバーというワザを使えば一切表記しなくてもよいことになります。

 凄すぎる制度だと思いませんか。

(次回につづく)

2015年10月27日火曜日

食品添加物・一括表示

 おはようございます。我が家ではよくスムージーを飲みますが、そのなかで先日つくったヒット作を紹介します。














 柿スムージー。豆乳を混ぜてシナモンを振りかけるだけ。これだけで立派なデザートです。一度お試しください。

 スムージーのような、自然で素朴なものだけで食事をまかなえれば申し分ありませんが、実際はなかなかそうもいきません。そこで引き続き添加物の学習です。

 今日は、添加物の表記を少なく見せかける、一括表示という巧妙な隠しワザを説明します。
一括表示とは、同じ目的のために用いる添加物を一括して表示すること。香りをつける、固める、など使う目的が同じであれば、それを一つひとつ書かなくてもよいのです。一括した名称で表示すればよいと食品衛生法で定められています。

先日のブログで登場したpH調整剤も、じつは一括表示です。pH調整剤という1つの添加物ではなくて、pHを調整する添加物(群)の総称名です。じっさいには4~5種類は使用しています。そのくらい入れないとpHの調整効果が出ないからです。

それ以外の一括表示としては、アミノ酸等(うまみをつける)、香料(香りをつける)、酸味料(酸味をつける)、膨張剤(膨らませる)、増粘多糖剤(とろみや粘りをつける)など、全部で14種類あります。
「隠された」ものを含めた添加物の数に、あらためて驚かされるに違いありません。

この一括表示は、メーカーにとっては添加物の数を少なく見せかけることができるので、大変ありがたい、そして都合のよい制度です。
しかし、消費者はたまりません。完全にだまされているのも同然です。
だからこそ消費者は賢くならなければいけません。無知であってはいけないのです。

(次回につづく)

2015年10月24日土曜日

御礼

こんにちは。『日本一わかりやすい栄養と食事の講座』第14回「腸内環境こそ健康のカギ②~食物繊維・酵素」は先ほど終了しました。

2回にわたって腸内環境を整えることの大切さをお伝えしました。
予防・健康増進のためにも、あるいは”キレイなお肌”のためにも、まずは腸からだということがご理解いただけたかと思います。
セミナーを聞けなかった方は、このブログの2015年4 /3~5 / 21(善玉菌)、および6 / 8~8 / 20(食物繊維・酵素)の記事をお読みください。

 次回は11月28日(土) 14:00から

 テーマは「アンチエイジングのための栄養学
      ~40歳の前と後で何が変わるのかをお送りします。

 40歳を過ぎたあたりから病気しやすくなったり、体のあちこちで不調を訴えたり、あるいは快復に時間が掛かるようになったり・・・。これらは誰にでも思い当たることでしょう。が、あらためて「どうして?」と考えたことがありますか?

 その点を栄養学な立場から説明を加えて、不足していく栄養素を補充することで老化を遅らせる方法をお伝えします。

2015年10月22日木曜日

食品添加物・原材料表記の見方

 おはようございます。
 先日の飲み会で利用した“イケてる”お店を紹介します。




 ⇒⇒⇒
 ここが
  入口







 
 首里金城町にある「首里殿内(すいどぅんち)」。古式ゆかしき趣を残す琉球古民家で味わう贅沢な空間です。


観光地としても有名な金城町石畳道にまさに面しています。県内在住の方、あるいは沖縄を訪れる機会のある方は、ぜひ一度行ってみてください。早めに予約すれば、離れの部屋も押えられます。


 ひきつづき、コンビニ商品(に限ったことではありませんが)によく使用される添加物の話です。
  コンビニの弁当や総菜、おにぎり、サンドウィッチの原材料表示を見ると、ほぼ例外なく見つけることができる食品添加物があります。「アミノ酸等」です。
数回前のブログで、アミノ酸を含めた栄養価を高める栄養強化剤も食品添加物の一つである、と説明しました。だから、「アミノ酸等」の表記を見て喜んでいるアナタ・・・。残念でした。
それはタンパク質の摂取とは似ても似つかぬ代物です。ぬか喜びにならないように、ここでは、パッケージに貼り付けてある、もしくは印刷されている原材料表示の見方を学習しましょう。

 原材料表示を見ると、横書きで食品を示す単語、あるいは食品らしき単語がギッシリと詰まっています。並んでいる順番は、まずは原材料(食材)の多いものから少ないものへ、つづいて添加物の多いものから少ないもの、という配列です。
 はて、原材料と添加物の境界線は? それがないのです。どうしてないのか。ハッキリとはわかりませんが、境界線があると使っている添加物の数がバレてしまうからではないでしょうか。メーカーがカムフラージュしたくなるくらいに添加物は多いということなのでしょう。しかし、これは消費者に対してフェアとはいえません。

 であれば、その境界線を見つけましょう。添加物の多くは、○○料とか○○剤といった名前がつけられています。または○○Na(ナトリウム)、○○K(カリウム)、塩化○○や○○硝酸など、聞いたこともない化学的なものやカタカナばかりです。それらを手掛かりにして、おおよその境界線を見つけてください。
 これで添加物の数が判明します。が、じつは、そこに表示されている数=使用している添加物の数ではありません。そこには一括表示という巧妙な隠しワザがあるからです。

(次回につづく)

2015年10月20日火曜日

食品添加物・次亜塩素酸ソーダ

 おはようございます。この土~月は、東京から学生時代の音楽系クラブの同期4名が来沖し、私も半分くらい同行しました。自宅まで訪れてくれたり、夜は、県内在住の1名も加わって、昔とまったく同じ飲み会をしたり・・・。
 出会ってから30余年、活動期間はわずか4年に過ぎないのですが、年月を経ても遠く離れていても、今なお付き合いが続いているのが本当に不思議です。きっと、それだけ濃密な時間を送っていたのでしょう。
 私にとって、何にも替えがたい財産です。


 現実に戻って、食品添加物の話を続けます。
 年代を問わず一人暮らしの人が増えているためか、コンビニやスーパーではパック詰めされたサラダが人気です。一人暮らしではなかなか摂りにくいビタミンやミネラルが、手軽に摂れるというのが理由なのでしょう。
そういえば苦境にあえぐファストフード最大手M社も、最近はサラダをメニューに加えて、健康志向を打ち出しています。
 こういったカット野菜は、本当に“健康によい”ものなのでしょうか。そして、ビタミン・ミネラルが手軽に摂れる便利な商品なのでしょうか。
 
観察眼の鋭い人は、すでに気づいていることでしょう。野菜をカットして何時間も経っているのに、切り口がまったく変色していないのを不自然に思っているはずです。まるで魔法のようなものを感じます。 
それは、カットされた野菜が次亜塩素酸ソーダ(ナトリウム)という殺菌剤に漬けられるからです。次亜塩素酸ソーダは強力な殺菌、漂白作用があり、それによって切り口が黒ずむのを防ぎます。
ハッキリ言ってしまえば、次亜塩素酸ソーダは「カビキラー」や「ハイター」の主成分です。

もちろん次亜塩素酸ソーダで野菜を洗う場合は、原液を使うのではなく水で薄めて使用します。それでも臭気がきつく、それを消すために何度も水で洗浄する必要があります。
すると、水溶性の栄養素が流れ落ちます。それはビタミンCであり、ビタミンB群、あるいは水溶性のファイトケミカル(ポリフェノール類など)です。
 コンビニサラダで「ビタミンはバッチリ」とはいかないようです。

(次回につづく)

2015年10月17日土曜日

食品添加物・精米改良材

おはようございます。来週土曜日はセミナー、「腸内環境」の2回目です。


食物繊維(便秘対策)、酵素を中心に話をしようと考えています。一見すると地味な内容にも思えてしまいますが、きわめて重要なことばかりです。とくに、なんとなく最近よく聞く「酵素」について、そのエッセンスをわかりやすく説明します。


前回は、弁当やおにぎりに使用されるpH調整剤の話をしました。では、その弁当やおにぎりに使われているご飯は問題ないでしょうか。
「ふっくら感」「もちもち感」など、各社が競ってご飯の食感を改良しています。シャキッとツヤのあるお米を食べると、あまりの美味しさに新米だと思う人も多いでしょう。
しかし、実際には大半が業務用の古米です。その古米を新米の味に近づける「魔法のクスリ」があります。 

それは精米改良剤といい、石油からつくられた化学薬品のようなものです。
 精米改良剤は、壊れやすい古い米を精米するときに、米が割れてロスになるのを防ぐ、古米特有の酸化した臭いを防ぐ、新米のような白い光沢を出す、などの働きがあります。
これを使えば、安く調達した古米を使って弁当やおにぎりができるので、原価率が下がるのは推して知るべしです。

 この精米改良剤には、プロピレングリコールという化学物質を含んでいます。これは、液体プラスティックとも呼ばれる石油製品、言い方を替えれば薬剤です。まさに「魔法のクスリ」です。
 このプロピレングリコールは、食品に用いられるだけではなく、化粧品の保湿剤や殺菌剤、自動車の不凍液、潤滑剤など、あらゆる用途で使われています。

 プロピレングリコールは、薬事法では「表示指定成分」として表示が義務化されている化学薬品です。 ところが、食品衛生法では加工助剤といって、どういうわけか表示義務がありません。
 まったく同じ薬剤ですよ! 消費者目線で考えれば、荒唐無稽という以外の何ものでもありません。

 (次回につづく)

2015年10月14日水曜日

食品添加物・pH調整剤

 おはようございます。先週のことですが、走行メーターが7×5並びになりました。














 これがパチスロだったら、もう一攫千金ですね。金運はともかく、今月は何かいいことがあるかもしれません。 


今回より、知っておいていただきたい添加物を個々に取り上げます。まずは、添加物の代名詞のように思われているコンビニ食品からみていきます。
ところが、です。ここにきてコンビニの弁当やおにぎりでも「保存料・着色料不使用」と表示するものが増えてきました。一見すると、健康にやさしい消費者志向の商品に思えます。
しかし、そこで安心してはいけません。

コンビニの弁当や総菜、おにぎりの消費期限は、製造されてから1日、あるいはそれ以上ともいわれています。それだけの時間、食品を腐らせない必要があります。腐ってしまったら、いうまでもなく食中毒です。これは、食品を扱う業界が絶対に避けなければいけないことです。
そのためには、保存料がテンコ盛りになると考えるのが普通です。にもかかわらず「保存料不使用」なのは?

じつは手を変えて事実上の保存期間を長引かせています。
 その新しい手とは、pH調整剤です。pH調整剤とは、そのpH、つまり酸性かアルカリ性かを調整することで食品の日持ちをよくしたり、味を調えたりします。
pHは7が中性で、それよりも数値が低くなるほど酸性度が高くなります。食品はpH4から5くらいが腐りにくいといわれています。
ここに、pH調整剤の出番があります。食品を少し酸性に傾けることによって保存性を高めているのです
 
弁当やおにぎりのメーカーにとって、pH調整剤はとても便利な添加物です。保存料でこそありませんが、pH調整剤もれっきとした添加物です。
「保存料不使用」でも時間持ちするのは、こういうカラクリです。

(次回につづく)

2015年10月10日土曜日

睡眠時間&就寝時刻

おはようございます。「日経Gooday」というウェブサイトに、こんな記事が載っていました。














睡眠に関する問題

【問題】111万人以上を対象にした米国の大規模調査で明らかになった、死亡リスクが最も低い睡眠時間はどのくらい?

(1)5時間
(2)7時間
(3)9時間

正解はのちほど

睡眠において大切なのは、まずは睡眠時間です。そしてもう一つ睡眠時間帯、つまり就寝時刻も重要だということを忘れないでください。
睡眠時間帯が関わってくるのは、成長ホルモンの分泌です。成長ホルモンという名前だけ聞けば、乳幼児や思春期に限って必要なものという印象を受けますが、そうではありません。

成長ホルモンの仕事は、成長に関する作用のみならず、新陳代謝作用を担っています。新陳代謝とは、言いかえれば古くなった細胞と新しい細胞の入れ替えであり、体組織の修復・再生のことです。
これを聞けば、中高年にとっても、いや中高年にこそ大切なホルモンだということがわかるでしょう。成長ホルモンは、予防やアンチエイジングのカギでもあるのです。
(当然、体の材料であるタンパク質をしっかり摂取していることが前提です。)

成長ホルモンはおもに夜間の睡眠時に分泌されます。もちろん個人差はありますが、一般に午後10時から午前2時の間に盛んに分泌されるといいます。つまり、早寝早起きの人は成長ホルモンの恩恵に十分あずかれますが、夜更かし族の人はそれもままならないことになります。
(早寝)早起きは三文の得、いやいや十文の得といってもいいかもしれません。


さて、クイズの正解は、27時間前後 です。
それより睡眠時間が短くても長くても死亡リスクは高くなる結果なりました。日本人を対象にした調査でも、同様の傾向が示されているそうです














 ちなみに私の睡眠時間はまさに7時間前後、就寝時刻は10時とはいきませんが、10時半から11時の間には寝ています。


2015年10月8日木曜日

食品添加物・総論③

おはようございます。「健康だより No.17」が発行されています。














 表面は屋比久先生の原稿で「温熱療法とガン」。ガンの治癒を目指すには、局所療法ではなく全身療法こそが有効である、と強調しています。
 裏面は私の原稿で「カロリーと栄養の違い③」。カロリー管理が見落としがちなファイトケミカルと酵素にスポットを当てています。
 本院および各加盟店で入手できます。


 食品添加物の話を続けます。前回のブログの終わりに、「添加物はなんでもかんでも有害とは限らない」と記しました。それを説明するために、まずは食品添加物の役割・目的を整理してみます。

 食品添加物の役割・目的は、以下の通りです。
「にがり」や「かんすい」のように、食品をつくるのに欠かせない酸やアルカリなど
②栄養価を高めるアミノ酸やビタミン、ミネラルといった栄養強化剤
③食中毒を予防し、食品の保存性を高める保存料や酸化防止剤など
④品質や嗜好性を向上させるもの。おいしそうな色をつける着色料や、香りをつける香料、食感をよくする増粘剤、風味をよくする調味料

 にがりは、海水からとれる塩化マグネシウムを主成分とする食品添加物です豆乳豆腐に変える凝固剤として使用されます。
 かんすいは、中華麺などの製造に使うアルカリ塩水溶液で、中華麺特有の麺のコシや風味を出すには欠かせない食品添加物です。沖縄そばの麺にも使用されています。

サプリメントの原材料表記を見ると、ビタミンAとかビタミンB1といったように、栄養素名がそのまま印字されているものがあります。この用途が②の栄養強化剤です。分類上は食品添加物に入ります。
当社のアミノ酸サプリメントや「マルチビタミン&ミネラル」にも、これが当てはまります。
 ほとんどのお茶系飲料にはビタミンCが、EPA・DHAサプリメントにはビタミンEが入っています。もっともこの場合は、栄養強化ではなく酸化防止が目的ですが、分類上の区別はありません。

食品添加物は、必ずしもマイナスのものだけではないことがご理解いただけたと思います。
問題は③と④です。自炊を減らして、コンビニや持ち帰り弁当、ファストフードなど、保存性の効く食品で代用する。あるいは、色とりどりで、よい香りがして、舌触りもよい、いわゆる美食を求める。
私たちがその傾向に走れば走るほど、③と④の食品添加物を多く口に入れることになります。
ブログでは、こういった食品添加物を解説し、警鐘を鳴らしたいと考えています。

参考までに、2013年2月現在、国内で使用が認められている合成添加物は431種、天然添加物  は365種です。

(次回につづく)

2015年10月6日火曜日

食品添加物・総論②

 おはようございます。昨日はオフ。北谷町のアラハビーチで束の間の癒し。


沖縄に来てまだ3年ということもあり、青い海を見ると気持ちが晴れやかになります。


 話はがらりと変わって、食品添加物の続きです。
 食品添加物は、約1500種類あるといわれています。コンビニをはじめ、外食、中食、加工食品に偏った食生活をしている場合には、毎日400~500種類くらいを口に入れている可能性があります。その内容は、保存性を高めるもの、香りや味をよくするもの、彩りよく見せるもの、量を多く見せかけるもの(?)、とさまざまです。
 そのほとんどは、天然物ではない合成の化学物質です。そういうものを長期にわたって大量に入れると、体への悪影響が心配です。

添加物と病気との因果関係が解明されたわけではありません。しかし、添加物が病気と無関係だということも証明されてはいません。
少なくとも言えることは、添加物を多く摂り続けていると、それを解毒・分解するために肝臓に負担がかかり、肝臓がダメージを受けるという事実です。
肝臓は代謝の要ですので、肝機能の低下はやがて代謝のレベルダウンにつながります。そして、ゆくゆくは病気になる可能性が高くなります。

わかってはいても、現代を生きる我々が添加物ゼロで過ごすのは、もはや不可能です。私だって外食もしますし、加工食品のお世話にもなります。添加物ゼロを目指すのは、現実的ではありません。大事なのは減らすことです
 
 添加物がきわだって多い食品を知っていれば、口に入れる数を減らすことはできます。また、有害性が指摘されている添加物が何かを知れば、体への悪影響を最小にすることができます。添加物はなんでもかんでも有害とは限らないからです。
 ですから、知っていること、勉強することはとても大切です。無知とは恐いことです。健康を維持するにあたっては、ことさらに。

(次回につづく)

2015年10月3日土曜日

加盟店も上を目指して

 おはようございます。今週は、数名の加盟店の方とお話しする機会がありました。

 水曜日、朝。本島内でスパ(エステ)を3店舗経営するTさんからメールが入りました。
「無事、美容師国家試験に合格しました」と。
 スパの施術のなかに素手で髪の毛に触れる瞬間があり、これは厳格にいえば、美容師の資格を持っていなければ違法になるそうです。そこでTさんは、美容師になるわけでもないのに、3年間勉強を続けて国家資格を目指していました。
 経営をしつつ、主婦と母をこなしながらの勉強、そして合格です。並大抵ではない努力家としか言いようがありません。

 同じく水曜日から金曜日まで、宇都宮(栃木県)の加盟店Wさんがお見えになっていました。Wさんはコンピュータに強く、それを活かしてお客様により分かりやすい情報提供を続けておられます。
 昨年は、隔月発行の「健康だより」を、活字でなくビジュアルで理解できるようにイラスト&フローチャート化して作りなおしているのを見て、度肝を抜かれたものでした。
 今回は、このブログの文章を簡潔にまとめ直して、カテゴリー別(タンパク質、ビタミンなど)に分類していました。これを見れば、いつでもピックアップして復習できますし、頭の整理がしやすくなります。
 またWさんは、かつては韓国語を、今は英会話を勉強中とのことです。

 このような向上心旺盛な方と話をしていると、私もワクワクします。
 もちろん私も、負けずに勉強中です。

2015年10月1日木曜日

食品添加物・総論①

 おはようございます。10月です。各月の誕生石や誕生花があるように、誕生色というものがあります。10月の誕生色を調べてみると、野に咲く紫苑の明るい紫。秋の野を代表する花です。
 今度は紫苑の花の花言葉を調べてみると、「追憶」「遠方にある人を想う」などが出てきました。そう、今月は、東京から学生時代の友人数名が訪ねてきます。“追憶”“遠方”・・・。ただの偶然でしょうか。


 本日から食品添加物(+農薬、電磁波、経皮毒)について書き綴っていきます。今年の3月、食品添加物をテーマにセミナーを行ったところ、それまでで最も多い30名を超える申し込みがありました。身の回りに忍び寄る食品添加物に対しては、皆さんとても敏感になっているようです。
 ただ、有害性が疑われる食品添加物にはどういうものがあって、それをどうやってチェックすればよいのかは、ほとんどの方が知らないようです。

 8月、読谷村での出張講座のなかで、「○○社の豆乳には数種類の食品添加物が入っているので、避けたほうがよいかもしれません」と言ったところ、皆さん驚かれていました。
 無理もありません。○○社の豆乳は、どこのスーパーの棚でも一番目立っているからです。
 けれども、ほんの少し学習をすれば、それを見破るのはきわめて容易です。このブログで、最低限のチェックポイントを押さえていただきたいと思います。
 
さて、食品添加物といえば忘れられない事件があります。2004年3月19日付け西日本新聞(九州の地方紙)「食卓の向こう側」という記事でのスクープでした。
 福岡県内の養豚業者で豚の死産が相次ぎ、生まれてきた子豚も奇形であったり虚弱体質であったという内容のニュースです。調査してみると、賞味期限が切れたコンビニの弁当やおにぎりを、母豚に毎日3キログラムずつ与えていたことが判明しました。

このニュースは衝撃を与えました。これと同じものを多くの人が食べているからです。食品添加物が原因だと断定はできません。ただ、弁当やおにぎりに含まれる大量の添加物を、豚が代謝できなかったと考えるのが普通です。
人間が同じ量の食品添加物を体に入れて、同様の症状が起こることは考えられません。とはいえ、体のどこかに負担が掛かっている、あるいは体のどこかが悲鳴をあげているとしたら、長期的にみて健康への害が懸念されることには変わりありません。

(次回につづく)