2015年9月28日月曜日

コレステロール⑥

 おはようございます。週末ある本を読んでいたところ、この一文に目が留まりました。

 青は藍より出でて藍より青し

 誰もが聞いたことはあるでしょう。もとの材料よりも生成物のほうが優れていることを例に、弟子が師より優れた才能を持つことを意味します。転じて、学問を積み重ねる大切さと、さらに発展させていくことの重要性を説いた言葉です。

 もうすぐ10月。年度後半のはじまりです。何か新しい勉強を始める節目かもしれません。私も“ある勉強”をスタートさせようと決めています。


 前回は、卵をいくら食べてもコレステロールの心配は何もないことを説明しました。今日は、昨今しばしば論議になる検査基準値についてコメントして、コレステロールのシリーズを終わりにします。

 日本動脈硬化学会が発表している最新のガイドライン(2012年版)では、血中のLDLコレステロールが140mg/dl以上であれば高LDLコレステロール血症と診断されます。これが脂質異常症(高脂血症)の判定基準として長らく、そして今も医療現場で使われています。
 しかし、この数値には明確な科学的根拠はないということです。

 それに対して、昨年4月、日本人間ドッグ学会が新たな基準値を発表しました。こちらは、150万人を対象とした調査結果からはじき出されたもので、ある程度は信ぴょう性がありそうです。
それによると、LDLコレステロールの基準値は、男性が178mg/dlです。女性は年代別に分かれていて、45~64歳では183mg/dl、65~80歳では190mg/dlとなっていて、動脈硬化学会のものと大きくかけ離れています。

次にHDLコレステロールですが、動脈硬化学会のガイドラインでは40mg/dl以上であれば正常ということになっています。
これに対する日本人間ドッグ学会の基準値はありませんが、積極的な健康増進を考えるのであれば40mg/dlは低いとみてよいでしょう。最低でも50mg/dl以上、できれば60mg/dlくらいあったほうが、動脈硬化のリスクが遠ざかります。

コレステロールに関する最新記事は、「週刊現代 5/30号」に詳しく掲載されています。
   ⇓      ⇓      ⇓
風俗的な記事も混在していますが、当該記事は真っ当です。
今日現在、amazon.co.jp でバックナンバーとして販売されています。


 次回から、ようやく食品添加物(+農薬、電磁波、経皮毒)についての記事を始めます。

2015年9月26日土曜日

御礼

 『日本一わかりやすい栄養と食事の講座』第13回腸内環境こそ健康のカギ①善玉菌・悪玉菌」は、先ほど終了しました。
今回も熱心に話を聞いていただき、ありがとうございました。

皆様ご存知のように、がんに関連するニュースが相次ぎました。こういうときに考えるべきことは、テレビが取り上げる「早期発見」ではなく、そういう病気にならないための「予防」にほかなりません。
(今回は、冒頭にその話をさせていただきました。)
では、どうすればその予防ができるのか。それを、今後もセミナー、ブログ等で発信し続けます。

次回は10月24日(土)14:00から。
テーマは「腸内環境こそ健康のカギ②~ 食物繊維・酵素」です。当初は今回お話しするはずだった内容ですが、来月あらためてお伝えします。 

2015年9月24日木曜日

コレステロール⑤


 おはようございます。シルバーウイークが終わりました。5連休が取れた人は、ゆっくり骨休めができましたか? 少しは読書に親しみましたか?

 私は飛び石連休でしたが、そのなかで1冊だけ手に取りました。それが、この本です。

日頃から文章を書く機会が多いので、わかりやすいのはもちろんのこと、できるかぎり美しい日本語で綴ってみたいと願ってはいます。

 この冊子では、そのカギを「大和言葉」にあると強調しています。
 漢語系の熟語や横文字が氾濫する現代において、日本古来の美しい大和言葉をピンポイントで使うだけで、その文章は”目を見張るほど”(これが大和言葉)変わるそうです。

 せっかく日本人に生まれたのであれば、少しでも身につけたいですね。


 先々週から書いている“コレステロール”は、そもそもは「卵を食べてもコレステロールは上がらない」という話から始まりました。そろそろ本題の説明に入ります。
 
 体内にあるコレステロールのうち、食物による補給は全体の約2割にすぎません。残りの約8割は肝臓で合成します。したがって、コレステロールを多く摂取しても、すぐに数値が上がりません。
 むしろ、食物から十分に補給されていればいるほど、その分だけ肝臓の負担が少なくなります。肝臓は“人体の化学工場”と呼ばれるように、代謝の中核を担っています。その機能は、さまざまな解毒や合成、貯蔵に働くため、500以上はあると言われています。

 そのため、肝臓の疲弊を防いで代謝レベルを維持するために、少しでも負担を減らしてあげる必要があります。添加物や薬物、アルコール(それらを解毒するのは肝臓!)を減らすのはもちろんですが、コレステロールを外からしっかり入れることも肝臓の援軍になります。
 十分過ぎるくらいのコレステロールを摂取すれば、肝臓は自らの合成を減らして、その分をほかの仕事に振りむけます。これをフィードバック機構といいます。

 卵を食べても総コレステロール値は上がりませんし、肝臓を助けてあげてもいるのです。
 それどころか、卵はHDLを増やしてLDLとHDLのバランスを是正します。9 / 16のブログをご覧ください。
 レシチンに下線が引いてあります。レシチンを覚えていますか?
 レシチンは卵や大豆に含まれる脂質です。レシチンには乳化作用、つまり本来は交わらない水と油をなじませる役割があります。じつは、HDLコレステロールの中にはレシチンが含まれていて、この乳化作用によって余分なLDLコレステロールを剥がして回収しているのです。


 卵とコレステロールの関係、これで理解していただけましたか?

2015年9月22日火曜日

短命県に学ぶ

 こんにちは。週末のBSで「短命県に学ぶ、長寿の秘訣」という番組を放送していました。”長寿県に学ぶ”はよく聞きますが、”短命県に学ぶ”はおもしろい。反面教師ということですね。

 その短命県は青森県。とくに男性の平均寿命は、全国平均と比べて3歳ほど短いということなので、何か原因があるのでしょう。
 番組で指摘していたのは、①塩分摂取量の多さ②喫煙率の高さ③運動量の少なさ、の3つでした。

 青森県のライフスタイルを考えたときに、必ず関わってくるのが豪雪地帯ということです。降雪量全国一の青森県では、冬のあいだ外になかなか出られません。
 そのため保存食が重宝され、冷蔵庫の中は漬け物ばかりになります。さらに、保存食としてインスタントラーメンが愛用されるとか。これでは塩分過多になってしまいます。

 外に出られなければ、運動もできません。運動量の少なさは沖縄県の専売特許だと思っていましたが、一年を通してみると青森県のほうが顕著なようです。
 外に出られないから、やることがなくてタバコを吸う? これは分かりません。ただ青森県では、人前での喫煙を遠慮したり、それに対する罪悪感が他県と比べて少ないというコメントがありました。

 やはり、長寿には長寿の、短命には短命の理由がしっかりあるということです。この「短命県に学ぶ…」の対象が沖縄県にならないことを、今は願っています。

2015年9月19日土曜日

セミナー内容変更のお知らせ

 おはようございます。来週の土曜日は毎月定例のセミナーです。

チラシに印刷した通り、事前には「~食物繊維・酵素」とお知らせしましたが、「~善玉菌・悪玉菌(+便秘対策)」の内容に変更させていただきます。
 腸内細菌を先に説明したほうが、話の流れ、組み立てが分かりやすいだろうと判断したためです。

 「食物繊維・酵素」は、10月のセミナーでお伝えします。

 昨日のブログでも細菌の話をしましたが、腸内細菌を勉強することは、まさしく予防・健康増進への道しるべです。
 昨今、各メディアで枚挙にいとまがないくらい取り上げられるのも、それほどに重要だからです。

 注目を浴びる腸内細菌について、わかりやすく整理して解説する予定です。
 お聞き逃しなく。

2015年9月18日金曜日

細菌とウイルスについて

 おはようございます。ここ数日、夕方になると心地よい涼しさを感じます。まだ9月であるにもかかわらず、沖縄にも秋が訪れたのでしょうか。
 先日の新聞で、本島北部でも彼岸花が咲いている、という記事を見かけました。彼岸花というと“田んぼのあぜ道”というイメージが強いので、田んぼの少ない沖縄で咲くのは意外です。
 数年ぶりに見てみたい気もしますが、北部はちょっと遠いですね。


前回のブログで、「抗生物質は細菌を殺すためのものであって、ウイルスを殺すものではありません」という記述をしましたが、細菌とウイルスの違いが分かりますか? 言葉の区別はつけていても、構造や性質の違いまでは見当がつかないかもしれませんので、念のため説明を加えておきます。

細菌は生物の基本単位である細胞からなり、人間の細胞と同様に外側には細胞膜、中には核(核酸)など様々な小器官が浮かんでいます。
ウイルスは細胞の構造を有しておらず、基本的には核酸だけで成り立っています。自らの力で活動エネルギーも生みさせず、自己複製もできないため、他の生物に寄生することで生命を成り立たせている不思議な存在です。




サイズにおいても違いがあります。細菌もウイルスも肉眼ではとらえられない大きさの微生物ではありますが、比較するとウイルスのほうが圧倒的に小さい存在です。
細胞は直径0,3~5μm(1μmは1 / 1000mm)なのに対して、ウイルスは0,025~0,25μmときわめて極小です。
まったくピンときませんが、1万倍の顕微鏡で覗いてみて、やっと1mm前後くらいに見えるといったレベルです。















ウイルスは細胞に寄生して増殖するため、寄生された細胞は正常な機能ができなくなり、死滅したりガン化します。人類を長らく苦しめ続けてきた感染症も、このメカニズムです。
よって私たちは、このウイルスに対抗する免疫力を備えることが大切になってきます。その中心がリンパ球(NK細胞やキラーT細胞など)です。そしてリンパ球を活性化させるのが熱、温熱です。

低体温ではリンパ球はパワーダウンします。

2015年9月16日水曜日

コレステロール④

おはようございます。昨日の日本経済新聞の記事です。
(写真がかなり不鮮明です。)

この記事でいう薬とは、抗生物質のことです。抗生物質は細菌を殺すためのものであって(一般には抗菌薬と同義)、ウイルスを殺すものではありません。風邪の9割以上はウイルスによるものですから、抗生物質を投与しても効果がない場合がほとんどです。
それだけではありません。抗生物質は、よい菌も悪い菌も誰かれの区別なく撃退するので、腸内細菌バランスはたちどころに崩れます。それが何を意味するのかは、書き綴ったばかりなので説明しなくても大丈夫だと思います。
ピンとこない人は、腸内環境シリーズを読み返してくださいね。


LDLコレステロールもHDLコレステロールも体にとって必要なものです。ただ、そのバランスがあまりにも崩れた場合に動脈硬化、それが引き起こす合併症が憂慮されます。
つまり、LDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスを適正に維持していれば、何の問題も起きないということです。

両者のバランスを保つ要因は何でしょうか。ズバリ、列挙してみます。

[LDLを減らす、またはHDLを増やす、つまりバランスを保つ要因]
ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン(ビタミンB群の一つ)、パントテン酸(同)、EPA・DHA、オリーブオイル、レシチン

[LDLを増やす、またはHDLを減らす、つまりバランスを崩す要因]
喫煙、アルコール過多、トランス脂肪酸、中性脂肪過多、飽和脂肪酸過多

これを見て「な~んだ」と思った人も多いでしょう。
そうです。体に必要な栄養素や油をしっかり入れて、悪しき油や生活習慣をセーブすればよいだけのことです。日頃から健康的な食生活やライフスタイルを心掛けていれば、LDLやHDLの数値にいちいち神経質になることもないはずです。

 まずは「マルチビタミン&ミネラル」やEPA・DHA、オリーブオイルを摂り、トランス脂肪酸(マーガリンやショートニング)を口にするのをやめましょう。
 タバコとお酒については、自己管理としかいいようがありません。

(次回につづく)

2015年9月14日月曜日

コレステロール③

おはようございます。数日前の日本経済新聞の記事です。














もう最近では、吐いて捨てるほど頻繁に登場するトランス脂肪酸です。口に入れる危険な食品はトランス脂肪酸だけではありませんが、人工的につくりだしたものが人体では代謝できない、という一番わかりやすい例です。
コレステロールの解説のあとに始める添加物シリーズでは、怪しげな人工化学物質がいろいろ出てきますので、しっかりと学習してください。


前回は、LDLコレステロールとHDLコレステロールの役割について説明しました。
ではいったい、コレステロールの何が問題なのでしょうか。問題になるのは、LDLコレステロール(血管壁の材料)があまりにも多すぎて、HDLコレステロール(余剰分を回収)があまりにも少なすぎる場合です。
この場合には、余ったコレステロールが回収しきれずに、血管壁周辺に残ってしまいます。

この残ったコレステロールが活性酸素に攻撃されて酸化してしまうと、そこから“わるさ”を始めます。酸化コレステロールはドロドロとした粥状になり、それが血管壁の中にもぐって血管壁を押し上げます。血管壁は弾力性がなくなり、また血管の内腔は狭くなります。
このように、動脈が弾力性を失ったり狭くなった状態が動脈硬化です。














健康な血管壁の表面はツルツルですが、酸化コレステロールによって押し上げられた血管壁の表面はザラザラです。すると、ここに血小板やフィブリンという線組織が集まりやすくなります。それが血栓です。
血管の内腔は狭くなっていますので、ここにできた血栓で血管が詰まってしまうことがあります。これが心臓に起きると心筋梗塞、脳内で起きると脳梗塞となるのです。
LDLコレステロールが悪玉と呼ばれてしまうのは、こうなった場合のことを指しています。

(次回につづく)

2015年9月10日木曜日

コレステロール②

おはようございます。今日は、朝一番から韓国の方の施療でした。韓国で琉球温熱の普及に尽力されている河(ハー)さん御一行でした。
沖縄(那覇)を中心に円を描くと、東京よりも近いところに韓国のほぼ全部、上海をはじめとする中国の人口集積部、台湾、香港、フィリピンの一部(マニラ)などが入ります。
直行便も徐々に増えているようです。アジアとの接点がますます増えていくこと願っています。


 今日はLDLとHDLの話です。コレステロールは、LDLコレステロール(俗にいう悪玉)とHDLコレステロール(俗にいう善玉)に分かれます。その働きを書いてみましょう。
肝臓でつくられたLDLコレステロールは、毛細血管壁など細胞膜の材料です。ですから絶対に必要なものです。悪玉などではないのです。一方、HDLコレステロールは、余剰なLDLコレステロールを回収して肝臓に戻します。図示すると以下のようになります。














俗に悪玉といわれるLDLコレステロールも、体にとって大切なものであることが理解できます。

あらためて図を見ると、LDLの下に「コレステロールを体内の細胞へ“運ぶ”」と書いてあります。正確にいうと、LDLとHDLは、コレステロールそのもののことではなく、コレステロールを包んで運搬するためのカプセルの種類のことを指します。
当然のことながら、油であるコレステロールは“水と油の関係”から、そのままでは血液中に溶け込めません。両者を仲介する入れ物、つまりカプセルが必要になります。

このカプセルのことをリポタンパクといいます。リポタンパクは、その名の通りタンパク質をはじめ、リン脂質や中性脂肪で構成されています。その比率の違いが、LDLとHDLを分けます。
つまり、LDLもHDLも、カプセルの中のコレステロールは同じものだということです。

少しずつコレステロールの全容が見えてきましたか?

(次回につづく)

2015年9月8日火曜日

コレステロール①

 おはようございます。昨日、新しい店舗・福岡久留米加盟店が開業しました。福岡県は、私がちょうど3年前に閉店してから空白県になっていたので、ひと安心です。しかも久留米市は、私が出生した場所でもあり、そういう意味でも嬉しいかぎりです。

 もう一つ、8月30日には、熊本合志加盟店が開業しています。ここの代表を務める田代洋子さんは、私の店舗に5年ほど通っていただいた方です。その方が、今度はご自身で始められるというのは、これも何にも代えがたい喜びです。

 福岡および熊本の方、ぜひご利用ください。
 住所、連絡先は、こちらからご覧ください。
  ⇓     ⇓     ⇓
 http://ryukyu-onnetsu.jp/associate.html
 
 さて、前回のブログで紹介した雑誌のなかで、「卵を食べてもコレステロールは上がらない。むしろ、肝臓の負担を軽減できる」と書いてありました。
私はそのことについて、昨年連載した“脂質”シリーズで解説したものとテッキリ思いこんでいました。が、あらためて探してみたところ、どこにも見当たりませんでした。
そこで、今週はコレステロールに関して書いてみます。食品添加物(+農薬、電磁波、経皮毒)については、コレステロールのあとに始めます。

コレステロールは、体のどこにあるのでしょうか。
①何といっても細胞膜の材料です。細胞膜の中のコレステロールは、とくに細胞膜の強化に働きます。
ステロイドホルモンの材料です。ステロイドホルモンとは、副腎皮質および卵巣と精巣で生産・分泌されるホルモンです。生体の調整には絶対に欠かせない重要なホルモンです。
③脂肪の分解を助けたり、肝臓に溜った老廃物を排泄する胆汁酸の材料でもあります。
④皮膚の下のコレステロールに紫外線が当たることによりビタミンD(D3)が生成できます。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けることで知られていますが、近年ではアレルギー予防、がん予防の作用が注目されています。

 またコレステロールは、神経細胞に多く存在することも知られています。そのためか、コレステロール値が低すぎる、たとえば総コレステロール値180mg/dl以下だと“うつ”症状のリスクが高まる、あるいは160mg/dl以下だと自殺率が高まる、という報告もあります。

(次回につづく)

2015年9月4日金曜日

「油」の特集

 おはようございます。現在発売されている「日経ヘルス」という雑誌が“油”の特集を組んでいました。

 

 読んでみると、
油は細胞膜の大切な材料なので、ただ減らせばよいというものではない。
卵を食べてもコレステロールは上がらない。むしろ、肝臓の負担を軽減できる。
 さらには、
・亜麻仁油やエゴマ油を摂っても、じつは体内でほとんどEPAに変換されていない
 といった、かなり最新のトピックまで網羅されています。

 なかなかいい特集ですが、よ~く読んでいると、ある医者の少し怪しいコメントも気になります。
 テレビの健康番組も同様ですが、ただ一つの情報だけを鵜呑みにして突っ走るのは、やや危険かなと思います。幅広く勉強していきましょう。

 ちなみに、「亜麻仁油やエゴマ油を摂っても、じつは体内でほとんどEPAに変換されていない」で驚いた人、またはショックを受けた人は、下のブログをご覧ください。

 「日経ヘルス」の特集では、亜麻仁油に含まれるαリノレン酸が体内でEPAに変換されるのは「2%という説もあれば10%という説も」と書いてあります。

 予告した食品添加物(+農薬、電磁波、経皮毒)については、来週から始めます。

2015年9月2日水曜日

食事と運動と睡眠と・・・

 こんにちは。9月になりました。
 9月は「秋の夜長」といわれるように、夜が長くなることから長月と呼ばれます。けれども、沖縄ではまだまだ先です。では、ほかの呼び名を調べてみると・・・。
 紅葉月。沖縄では、紅葉はありません。
 稲刈月。水田のある地域はきわめて限られます。
 色取月。夏の花々に加えて秋の花が咲き始める、彩り豊かな月。これも、あまり実感が湧きません。
 菊月。菊は咲きません・・・と思っていたら、沖縄では年々菊の生産が盛んになっているそうです。とくに小菊の生産は日本一を誇るというから驚きました。ただし、開花・出荷はもう少し先のようです。
まだまだ知らないことばかりです。


先日の新聞に健康寿命に関する記事が掲載されていました。健康寿命とは、介護等が不必要で、日常生活に支障がなく自立して過ごせた年齢のことをいいます。日本の健康寿命は、写真の通り世界一だそうです。














1カ月ほど前には、平均寿命が発表されました。こちらでも日本はトップで、女性は86,83歳、男性もついに80を超えて80,50歳になりました。

“世界一”だけに着目すれば素晴らしいに違いありませんが、問題は平均寿命と健康寿命との差です。計算すると、男性は9,39年、女性にいたっては11,27年です。おおむね最後の10年前後は、自立した生活を送っていないことになります。この年数を縮めないことには、手放しでは喜べません。
そのために必要なのが予防であることは、今さら言うまでもありません。日頃の食事内容にはじまって、適度な運動、睡眠の質と時間、ストレスケアなど、多方面からの健康管理が必要です。

食事と栄養については当ブログより日々発信していますが、運動やライフスタイルを含めて幅広く勉強したいという人には、通信講座で学習するという手もあります。
 いくつかの講座がありますが、健康管理士通信講座などはお薦めです。私も5年前くらいに取得しています。資格取得後も機関紙やステップアップ講座などのアフターフォローが充実しています。
テキストの分量は多く、認定試験も簡単ではありませんが、じっくり時間を掛けて勉強すれば必ずや合格できます。学習意欲の旺盛な方は、ぜひ。
http://www.healthcare.or.jp/