2015年7月30日木曜日

便秘対策(排便のタイミング)

おはようございます。昨日でページビュー(閲覧)総数が20,000を超えました。いつもご覧いただいている方に心より感謝申し上げます。拙いブログではありますが、1日平均60名前後の方のために、今後も有益な内容をお伝えしようと考えています。
もっとも1日100名くらいにはしたいですが・・・。ぜひ、大切な人に教えてあげてください。

 便秘対策の最終回です。生活リズムのなかで排便の時間帯を習慣づけることも大切かもしれません。
  狙い目は朝です。空腹状態の腸に食物が入ってくると、腸が反射的に動きます。1日のなかには大きく腸が動く大ぜん動が数回あります。
  なかでも朝食後の大ぜん動は非常に激しく動きます。前の食事からの時間がもっとも長く、空っぽの腸が敏感に反応するからです。

 朝は、副交感神経が優位の時間帯でもあります。自律神経の一つである副交感神経は、リラックス&ゆったりモードともいわれます。通常は、朝の副交感神経優位から始まり、日中は仕事や家事を進めるために活動&緊張モードの交感神経優位になり、夜はふたたび副交感神経優位に戻るというリズムを形成します。
 この2つのモードのうち、消化器系が活発になるのは副交感神経が優位の時です。

















 つまり、1日でもっとも大きな大ぜん動が起こり、かつ副交感神経優位である朝食後の60分から90分の間が排便のベストタイムであると、私は考えます。すぐに結果が出るとは限りませんが、まずはその時間帯に便座に腰掛ける習慣から始めてはいかがでしょうか。大きなお世話かもしれませんが・・・。

 ちなみに私は、ほとんどの日がこのタイミングでの排便です。このタイミングで排便すると、頭がスーッとして午前中の仕事が質の高いものになります。
 どうして頭がスーッとするのか。それは、腸と脳が神経系で相互にやり取りをしているからですが、それについては後日あらためて説明する予定です。


「消化器系が活発になるのは副交感神経が優位の時」を読んで気づいたかもしれませんが、ストレスは便秘の原因のひとつです。ストレス状態は交感神経を優位にして消化器系の動きを抑制します。食の見直しのほかにストレス軽減やストレス解消に努めることも重要です。

2015年7月28日火曜日

便秘対策(マグネシウム)

おはようございます。一昨日の地元紙に、アマゾン原産の植物「アサイー」のジュースが紹介されていました。アサイーは栄養価が非常に高く、体にさまざまな効果を発揮することから「ミラクルフルーツ」「ブラジルの奇跡」「スーパーフルーツ」「アマゾンのミルク」など、さまざまな別名があります。

アミノ酸をはじめ、ビタミンB1・ビタミンB2鉄・カルシウム・食物繊維などの栄養素をたくさん蓄えています。ポリフェノールも豊富でワインの約30倍ともいわれており、強力なアンチエイジング効果が期待できます。
最近はスーパーの店頭でもよく見かけます。興味のある方は、一度お試しください。


 長らく中断していた腸内環境シリーズを約1カ月ぶりに再開します。中断前のページを見てみると、6月25日の便秘対策「オリーブオイル」で終わっていたので、その続きです。

便秘対策、まだまだあります。「ビタミン・ミネラル」でも説明したマグネシウムが、ここで再び登場します。マグネシウムは、わかっているだけでも300以上もの酵素をサポートする最強の補酵素ということで、以前紹介しました。ここでは、補酵素とは別の働きである便通改善について説明します。 

マグネシウムは、腸にどのように働きかけるのでしょうか。
口から摂取されたマグネシウムの約25~60%が、腸から吸収されます。「たった、それだけ?」と思うかもしれませんが、同じミネラルの鉄の場合、ヘム鉄(レバーなど)で20%台、非ヘム鉄(緑黄色野菜など)に至っては10%未満であることを考えると、けっして低い数字でもありません。

吸収されなかった残り40~75%分は、小腸を通過して大腸に到達します。そして、
大腸のぜん動運動を活発にし、また
大腸内の水分を引っ張って残渣(ざんさ:便の元)を柔らかくします
これにより、便通の改善に働きます。

じつは、病院で多く使われている下剤はマグネシウム、正確にいうと酸化マグネシウム製剤といいます。我が国では、明治時代初期より酸化マグネシウム製剤が使用されていたという記録が残っています。

マグネシウムは、かぼちゃや豆腐、納豆、玄米(発芽玄米)、ひじき、アーモンド、カシューナッツなどに豊富です。

(次回につづく)

2015年7月24日金曜日

そういえば・・・

 今朝のNHKニュースで、トランス脂肪酸の規制に関する話題が取り上げられていました。チラッとしか見ていないので詳細はよく分かりませんが、アメリカと比べて日本はどうなっているのか、という内容のようでした。

 トランス脂肪酸に関しては
   ⇓    ⇓    ⇓

 アメリカでは6月16、食品医薬品局(FDA)がトランス脂肪酸の食品への添加を3年以内に全廃すると発表しました。以前から、ニューヨーク市をはじめ、州単位では規制や廃止の動きはありましたが、いきなり全米ときたのには少し驚きました。

 それに比べて日本では・・・。10年、いや、それ以上に遅れているといってもいいでしょう。
 と、言っても、ピンとこない人がいるかもしれません。それは、食品業界という大きなスポンサーに配慮して、メディアでは取り上げにくいからです。
 そもそも、今朝のようなニュースはNHKだから放送したのであって、CMで経営を維持している民放ではありえないでしょう。

 ですから、テレビ、新聞、週刊誌のほかにもチャンネルを広げて、積極的に情報を取りに行くことが大切です。
 明日予定していたセミナーでも、いい話をたくさん用意していましたが、台風接近のため中止になりました。
 ぜひまた、来月22日(土)にお越しください。

  中止のお知らせは、この下
   ⇓    ⇓    ⇓

セミナー中止のお知らせ

 おはようございます。明日予定していた「日本一わかりやすい栄養と食事の講座」は、台風12号による暴風、および大雨が予想されるために中止いたします。

 今回は、上海でのエピソードなど、話したいことがたくさんあったので残念です。

 予定していたテーマ「ビタミン・ミネラルは浴びるほどに」は、次回8月22日(土)にスライドして講演します。じっくりと中身を見直し、いっそう充実した内容でお届けします。
 あらためて、足をお運びください。

予約:098-935-0078



 台風には早めの備えをお願いします。

 

2015年7月23日木曜日

上海報告⑤(おまけ)

 おはようございます。数日前、書店に立ち寄ったときに、こんな雑誌が目に入りました。


 めくってみると、野菜に関しての役立つ知識がふんだんに、しかも見やすく分かりやすく描かれています。





 もちろん購入しました。結構、ためになります。

 この雑誌は月刊誌で、毎月27日発売(東京など)と書いてありましたので、店頭に並ぶのはこの週末くらいまでです。野菜の勉強をしたい方はお早めに。


 上海出張中のエピソードを追記します。

 上海で小さな中華料理店に入り、そこで卵チャーハンを注文しました。
 メニューボードを見ると、[ 卵焼飯 ] ではなく [ 焼飯 ] と書いてあるではないですか!
(その写真を撮るのを忘れてしまいました。スミマセン。)

 つまり中国では、蛋白質すなわち卵、卵こそが蛋白質の代名詞ということなのかもしれません。

 
 卵といえば、もう一つ。
 ホテルの朝食ビュッフェで、ゆで卵が必ず大皿に盛られています。が、何か黒い筋や班点のようなものが入っていて、とてもグロテスクで食べる気が起きませんでした。
(この写真も撮り損ねました。カタジケナイ。)

 ところが帰国して屋比久先生にそのことを話すと、「中国では、ゆで卵は薬草を入れた湯で茹でる」のだということ。あの黒いモノは、くっ付いた薬草(あるいはその跡)だったのかもしれません。
 だとすれば「食べればよかった」と後悔しています。
 また、次の機会に・・・

2015年7月21日火曜日

上海報告④

 おはようございます。前回は、トレーニングをしたスタッフを紹介しました。
 私は長らく、おもに小売業の店舗運営に携わってきたなかで、「店舗は人財で決まる」ということを叩きこまれてきました。今回の出張で、温熱療法でもそのことに何ら変わりはないことを確信しました。

  その優秀なスタッフの大いなる努力のおかげで、実技の集中研修(特訓?)も無事に終わり、晴れて7月7日に上海加盟店がオープンしました。

 爆竹を鳴らして狼煙(のろし)を上げるという、日本では考えられない慣行で華々しくスタートを切りました。

 上海加盟店は、上海中心部から西北に位置する普陀区の繁華街にあります。店舗は、地下鉄のジャンクション駅から徒歩3分、幹線道路に面した商業ビルの地下1階です。
















 契約坪数は、見た目で100坪前後の広い物件です。10部屋に分かれているため(施療できるのは、その内7部屋)、現在ベッドは2台ですが、将来的には9台まで設置可能です。
















 オープン日の来店客は7~8名。覚えて間もないスタッフが、堂々と施療を担当しました。

 翌日、私は時間ギリギリまで伝えられることを伝えて、帰途につくことにしました。
















↑最後に全員で記念撮影。前列右がオーナーの章和勝さん。後列左から2番目がマネージャーの安淑霞さん。
※なんか私エラそうな格好していますが、オートシャッターをセットして位置についたときに足が滑っただけです。

 着いた日には1週間先が遥か遠い日のように思えましたが、素晴らしいスタッフと生き生き仕事をしているうち、その日数は意外とあっという間に過ぎていきました。

 私にとって、今までに100回を超える出張のなかでも、とりわけ印象深い、思い出に残るものになりました。

 そんな思いを胸に、再び吉祥航空で沖縄に戻りました。



2015年7月18日土曜日

上海報告③

 おはようございます。現在発売されている『DIME 』に、明治プロピオヨーグルトLG21が紹介されていました。
 
 このヨーグルトに含まれる乳酸菌LG21菌については、5月12日のブログで紹介しました。
http://shopblog.ryukyu-onnetsu.jp/2015/05/blog-post_12.html

 DIMEの記事には掲出されていませんでしたが、この乳酸菌は胃の中のピロリ菌を減少させることが分かっています。抗生物質でピロリ菌除去治療をする場合にも、この乳酸菌で成功率を上げることが期待できます。おすすめ商品の一つです。

 そういえば、長らく中断していますが、ブログでは現在も腸内環境シリーズを続けています。上海報告が終わりしだい再開しますので、もう少々お待ちください。

  というわけで、今回は上海加盟店のスタッフを紹介します。
 店舗オーナーは章和勝さん。章さんの右腕ともいうべきマネージャーの安淑霞さん。

 2人に加えて、オープンに際して採用した、そして私が今回おもにトレーニングを担当したのが、この4名です。
















 左から順に紹介しましょう。

 一番左の女性は、もともとフロント担当ということで採用されました。彼女は、以前ホテルでフロント業務をやっていました。
 中国では、温熱療法といえどもフロントの位置づけは重要だということです。
















 ただ今回は、「スタッフ全員が施療できるようになろう」という章さんの意向で、一緒に実技をやってもらいました。
 すると、もっとも飲み込みが早かったのが彼女です。私が一度実演すると、その通り忠実に実行できる素質を持っています。
 オープン日に「フロントと施療のどちらが楽しいか」と聞くと、「どちらも重要な仕事です」と模範的な回答が返ってきました。フロントでも才能を発揮していますが、今後は施療にシフトしていくのではないかと思います。

















 この女性は、整体院の店長をやっていたということで、今回も店長扱いで入社しています。
 当然ながら骨格や筋肉など体のことはよく分かっているので、温熱器を持たせてもスムーズに吸収していきました。ただ、温熱施療の動きは整体と比べてスピード感がないため、一点一点にじっくりと熱を入れていくのが最初は苦手なようでした。
 それでもオープン日には、落ち着いて「しっかりと」熱入れができるようになりました。

 細かなところに気配りができる人です。私が汗っかきと見るやティッシュを横に置いてくれたり、雨のなか私が傘なしでホテルまで歩いていたところ親切にも入れてくれました。
(シチュエーション的には逆でなくてはいけませんが…)

















 この女性は、一見するとツンとした表情に見えてしまいますが、話していると人なつっこい笑顔をみせてくれます。

 印象深かったのは、2日目に「謝謝を日本語で何といいますか?」と聞いてくるので、「ARIGATOU」とボードに書いたら、にこやかに「ARIGATOU,ARIGATOU」と言い始めました。
 その後はスマホの翻訳アプリを使って、「結婚していますか?」「奥様は何歳ですか?」「星座(生まれ月)は何ですか?」と矢継ぎ早に・・・。「ほとんど仕事と関係ないなぁ」と思いつつも、言葉が通じない人たちとコミュニケーションがとれるのは素晴らしいことだと考え、少し盛り上げてみました。
 この人は、そういう女性です。




    












 最後は、ただ一人の男性スタッフ。
 きわめて真面目です。その真っすぐな気持ちからか、写真の通り、首が曲がり顔が突っ込んでしまう傾向があります。
 以前、少し日本語を勉強したことがあるようで、「はじめまして」「どうぞよろしくお願いします」など、頭を絞るように思い出していた姿が目に焼き付いています。

 お店思いなのでしょうか、私が滞在中も、職場の課題を章さんに問題提起している姿を見かけました。
 フットワークもよく頼もしい男性です。将来は店舗を引っ張っていく存在になるかもしれません。


















 私にとって、可愛くて可愛くてしかたのない4名のスタッフでした。
(次回につづく)

2015年7月16日木曜日

上海出張②

 おはようございます。上海出張のつづきです。

 上海に到着した2日の夜に聞かされた事実は、店舗スタッフの実技トレーニングがほとんど実施されていないということでした。
 当初の予定では、5月に研修を受けたオーナーの章さんが、採用したスタッフ数名を「ある程度まで」トレーニングしているはずでした。そこに私が駆けつけ、修正、仕上げ、応用など、完成度を上げてオープンを迎えるという手はずだったのですが・・・。

 ただし、これは章さんが怠けていたのではありません。当初、トレーニングを試みたものの、1週間の集中研修で得たものを、すぐさま人に伝えるということ自体が無理だったようです。10のことを伝えるためには、50とか100のことを知っていたり体験していなければできません。
 章さんは大変な努力家ですし、いくつもの困難を乗り越えている人ですが、この壁はやや高かったようです。
 
 ということで、一から実技研修をスタートすることになりました。元々の出張日程は4泊5日。最初と最後を除いた3日間でトレーニングする予定でしたが、3日間で一から仕上げるのは99%不可能です。
 そこでまず、2日間の延長を決めました。5日間でも無謀なスケジュールであることには違いありませんが(7日のオープンは決まっていたので、事実上6日までの4日間で仕上げなければいけません)、ここは腹をくくって「やる」ことにしました。

 そして翌日・・・・・・・

 ふたを開けてみると、私の心配は杞憂になっていきました。スタッフはみんな真面目で素直、そして若さも手伝って私が伝えたことをスポンジのように吸収してくれました。

 ちなみに、4名のスタッフは、女性と3名と男性1名、20代が2名と30代が2名です。


 仕事意識も総じて高く、質問が盛んに飛び交い活気ある研修になりました。

最終的な研修内容は、以下の通りになりました。初日と2日目で、最初から最後までの施療の手順の習得。3日目は、タオルワークやシートワークも含めた、より実践的な施療。4日目は、ちゅらさんベッドを使い、ドームの開け閉めやスライドのタイミング、注意点を伝えて、仕上げの段階へ。
終盤には時間の余裕ができたので、温熱療法の理論研修や栄養学のイロハのイを伝える講義まですることができました。















↑日本語表記のままで構わず講義しています。 























 出発前に即席でつくった資料も、かなり役にたちました。


 こんなことが実現したのも、いかにスタッフが優秀で、また努力したかという証です。
 私は、この素晴らしいスタッフたちに助けられました。

 次回は、このスタッフの紹介をします。
(次回につづく)

2015年7月14日火曜日

上海報告①

 こんにちは。数日間、お休みをいただきました。
 昨日はようやく天候が回復したので、久しぶりに海中道路をドライブ。
















 橋を渡って浜比嘉島へ



















 古民家食堂「てぃーらぶい」でランチ。ゴーヤーとスーチカーのあんだすう炒め、中身汁など。

その後、ホテル浜比嘉リゾートのロビーでティータイム。少しウトウト。

















 これは、ロビーからの眺めです。

 ほんのひとときのリフレッシュでした。
 

 さて、時間は大きくさかのぼって、上海の報告をはじめます。

 出発は7月2日。那覇空港国際ターミナルのチェックインカウンターに着き、どこの航空会社だろうと思ってチケットを見ると・・・・・・吉祥航空。
















 まったくの初耳ですが、東京には吉祥寺(きちじょうじ)、福岡には吉祥寺(きっしょうじ)があるように、”吉祥”は何かと縁起の良い言葉です。
 おそらく素晴らしい出張になるに違いないと確信し、搭乗しました。

 水平飛行に移ってしばらくして機内食が配られました。

 














 大きめの弁当箱のようなものが目の前に。少しは期待して開けてみると・・・・・・・・・
















 ん?


 「どれを食べていいのだろうか」など考えているうちに、2時間弱で上海に到着。
















 ほどなく、店舗オーナーの章和勝さんが現れて、車でホテルまで。そこで、ベッド設置のため先に上海入りしていた本部の奥村さんと合流。チェックイン後、歩いて店舗前まで行きましたが、すでに施錠されていたので、煌々と光る電飾看板を撮影。
















 その後、章さんと奥村さんの3人で、ビールとつまみ片手に進捗状況などの確認のためのミーティング。

 そして、そこで驚くべき事実を聞かされることになります。
(次回につづく)

2015年7月9日木曜日

帰国

 こんにちは。昨日、上海から帰ってきました。当初4泊5日の予定でしたが、現場の事情がそれ(4泊5日)を許さず、急遽2日延長して6泊7日になりました。
 
 上海の店舗は、無事7月7日にオープンしました。来週くわしく写真付きで報告します。


2015年7月2日木曜日

牛乳やめて運動しましょう

こんにちは。2~3日前のニュースで「新潟県三条市で学校給食から牛乳を廃止する方針」というのがありました。「牛乳にご飯は合わない」がその理由のようです。

 牛乳が「骨を強くするどころか弱くする」ことや「牛乳が乳がんや前立腺がんのリスクを高める」ことは、このブログやセミナー、各種原稿、拙書等で言い続けています。
 
 成長期の子どもの場合は、必ずしも上記のことは当てはまりません。が、子どものときに牛乳を飲む習慣がついて、それが大人になり、果ては中高年になっても飲み続けた場合にさまざまなリスクが振りかかってくることがあります。
 ですから、理由は違っても給食から牛乳を廃止することは、よい方向に進む一つのきっかけになるかもしれません。


 まったく違う話題になりますが、『NEWSWEEK 日本版』7/24号に、「座りっぱなし勤務が寿命を縮める」という気になる記事が掲載されていました。

 座りっぱなし勤務の場合、心臓病や糖尿病、それ以外にも乳がんと結腸(大腸)がんのリスクが高まるというものです。

 がんについては、そのメカニズムは解明されていないと書いてありましたが、心臓病と糖尿病についてはおおよそイメージできると思います。
糖尿病の本質は“筋肉病”ともいわれています。あまりにも筋肉が少なく脂肪が多くなると、細胞がブドウ糖を取り込めなくなって血糖値が上がるのです。
歩く習慣が少ない沖縄の人に糖尿病が多いのは必然かもしれません。私も油断はできません。


私は、このあと午後から上海に向かいます。目的はもちろん仕事、現地での実技トレーニングです。後日このブログで報告する予定です。

飛行機はLCCのようですので、空港ターミナルで適度な運動(ウォーキング)ができればと思っています。