2015年6月8日月曜日

食物繊維①

こんにちは。すでに書いたように、1日から加盟店研修がはじまり、午前中は学科講習(生理学・栄養学など)、午後は実技研修で、文字通り「研修な1日」です。
 そのため、今月はブログ本文がやや短めになりますが、ご了承ください。

 
今週と来週は便秘解消のための対策です。便秘が腸に及ぼすもっとも大きな弊害は、善玉菌を減らして悪玉菌を増やすことです。つまり、悪玉菌が優位な環境をつくります。
すると、腸内細菌の約7割を占める日和見菌までもが悪玉菌に加勢するため、一気に腸内腐敗を起こします。(日和見菌は、善玉菌か悪玉菌の優位なほうの加担をします。)
 こんな理屈を並べ立てなくても、便が数日分も排泄されずにため込まれるというのは、どう考えてもよくないことは感覚的にもわかりますよね。
腸内環境を改善するためには、何はなくとも便秘を解消する必要があります
 
 便秘対策ですが、まずは言わずとしれた食物繊維の摂取です。食物繊維のほとんどは、腸で吸収されることはありません。ということは、消化できない食物繊維は、腸にとって異物として認識されます。もっとも何の害もなく、「素晴らしい」異物ですが。
 腸はこの異物を早く外に排泄しようとしますので、その動き(ぜん動運動)を結果的に活発にします。便秘対策の基本が食物繊維だというのは、この理由によります。

(次回につづく)

0 件のコメント:

コメントを投稿