2015年6月3日水曜日

かんたん善玉菌レシピ

こんにちは。『健康だより No.15』ができあがっています。
屋比久先生の原稿は「免疫のカギを握る白血球」、私の原稿は「カロリーと栄養の違い」です。

















 今日の研修で、タニタ食堂のメニューが話題にあがりました。私は詳しくは知りませんが、結局のところカロリーを考えたレシピだということを聞いています。
  あまりにもカロリーオーバーになれば、さまざまな生活習慣病を引き起こしますので、そういう意味では有効なのかもしれません。
 が、カロリー管理だけで健康になれないことは、もう皆様は学習されていると思います。「よくわからない」という方は、ぜひ原稿をお読みください。

 『健康だより』は琉球温熱療法院・本院および各加盟店で入手できます。


今日のブログは、「かんたん善玉菌レシピ」第2弾です(第1弾は、キムチ納豆+たまねぎ)。そのレシピは、ヨーグルトきなこ+オリゴ糖シロップです。
ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌がたっぷりです。このブログで紹介した機能性ヨーグルトをはじめ、さまざまな種類のものが販売されていますので、ご自分にあった商品を選ぶのがよいでしょう。

きなこは大豆食品です。大豆食品にはオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなって増殖させることを書きました。ビフィズス菌は、ヨーグルトや乳酸菌飲料以外に含有食品があまり見当たらないので、その代わりにオリゴ糖を入れることは大切です。
もちろん、きなこはオリゴ糖に限らず、栄養価が非常に高いことも見逃せません。

オリゴ糖シロップは、名前そのものです。つまりダブル・オリゴ糖ということになります。
オリゴ糖シロップのオリゴ糖には数種類ありますが、スーパーなどで販売されているもののほとんどは、コーンを材料としたイソマルトオリゴ糖といいます。これは価格が手頃でよいのですが、肝心の腸への効果が今一つです。もし入手できるようであれば、成分表記にフラクトオリゴ糖ガラクトオリゴ糖と書かれているものを選んでください。

入手困難な場合はイソマルトオリゴ糖で結構ですし、ハチミツ(オリゴ糖も含んでいます)で代用するという手もあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿