2015年6月25日木曜日

オリーブオイル

こんにちは。昨晩は、小沢征爾氏も絶賛した若手チェリスト・宮田大氏のコンサートを堪能しました。
無上の音楽! 極致の音色!! 期待をまったく裏切らない耳にしみわたる演奏でした。

















私は昔からチェロが大好きで、学生のときに、ロストロポーヴィッチ演奏のシューベルト「アルペジオーネ・ソナタ」という曲のCDを聞いてから虜になったのを鮮明に覚えています。山梨県在住時(30歳過ぎ)には、ミッシャ・マイスキーのコンサートに足を運び、そのときのサイン入りCDは今も大切に持っています。
そういえば母親もヨーヨー・マの大ファンでしたから、意外と芸術の嗜好が似ていたのかもしれません。

超一流の演奏が身近なところで楽しめる、そういう幸せな世の中であることにあらためて感謝したい夢一夜でした。


話はガラリと変わって、便秘対策の続きです。
今日の便秘対策はオリーブオイルです。
オリーブオイルに含まれるオレイン酸という脂質が、食物繊維と同様に小腸で消化されにくいという性質をもっています。この特性が腸を刺激して、ぜん動運動を活性化します。

 オリーブオイルは、ドレッシングにして食事と一緒に摂るのが一般的です。
白ワインビネガーなどとミックスして“イタリアンドレッシング”にするのもよいですし、我が家では“パイナップルドレッシング”という秘伝もあります。
今週のセミナーでは、このパイナップルドレッシングをお伝えする予定です。

あるいは、フランスパンに塗る(バジルを振りかけるとグッド!)という方法もあります。トマトにかけて、やはりバジルを振りかけるのも簡単でいいでしょう。
また、オリーブオイルを直接飲用する方法もあります。飲用の場合は、味覚の合うものを選ぶとよいでしょう。オリーブオイルの種類はじつに多彩で、値段もピンからキリまであります。


最初は大さじスプーン1~2杯から始めてください。飲むタイミングは、腸が動き出し便意をもよおす朝がよいでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿