2015年6月20日土曜日

ためしてビタミン②

水曜日の「ためしてガッテン・ビタミンパワー決定版」で、もう一つ興味深かった話がビタミンB1。
番組では、日本人はビタミンB1が不足気味ということをいっていました。そこで学校給食では、ビタミンB1添加米というものを白米に混ぜて炊き、子どものB1不足を解消しているそうです。

給食のない大人はどうすればよいのでしょうか。
番組では、インスタントラーメンにもビタミンB1が添加されていることを真面目に伝えていましたが、インスタントラーメン自体が推奨できるはずがありません。
(「ためしてガッテン」って結構スゴイ番組ですね)

ビタミンB1が豊富な食品としては、豚肉をはじめ魚介類などがあります。それ以外では玄米。毎日の主食ですので、安定してビタミンB1を摂取できます。
ただし、玄米は消化吸収の悪さなどいくつかの問題を抱えています(それについては、後日くわしく説明します。)。
そこで、それらの問題の心配がほとんどない発芽玄米というのが現実的な対策になるかもしれません。

サプリメントで補給するという手もあります。「ビタミンB1」という商品が各社から発売されています。
が、ビタミンB群は8種類すべてがチームワークで働くので、単独よりも全部を摂取したほうがよいことを以前のブログで書きました。

したがって、「ビタミンB1」よりも「ビタミンB群」のサプリということになりますが、そのビタミンB群も他のビタミンやミネラルと協調して機能しますので、結局はマルチビタミン&ミネラルで摂るほうが賢明だといえるでしょう。       

0 件のコメント:

コメントを投稿