2015年6月19日金曜日

ためしてビタミン①

こんにちは。一昨日のNHK「ためしてガッテン」をご覧になりましたか? 「ビタミンパワー決定版」というテーマで、ビタミンC・B1・Kのことを取り上げていました。
そのなかで参考になったのがビタミンCの調理法です。ビタミンCは水溶性のビタミンであり、水洗いをし過ぎたり茹でたりすると流れ出てしまいます。

番組で扱っていたのが、小松菜のおひたしとサラダ用のブロッコリー。どちらも茹でて調理するのが一般的ですが・・・。

小松菜は、切って即ビニールパックに入れて冷凍、そして解凍するだけ。この方法で、茹でた場合と比べて約1,6倍のビタミンCを摂取できるということでした。
この方法は、白菜やキャベツでも応用できると言ってました。
ブロッコリーは、ひと房分をちぎってフライパンに入れて、水200ccを入れて強火で約3分。つまり、茹でるのではなく蒸すのです。これにより、茹でた場合と比べて約2倍のビタミンCを摂取できるそうです。

この技は、我が家でもすぐに実践してみようと思います。

(明日につづく)

0 件のコメント:

コメントを投稿