2015年3月14日土曜日

ファイトケミカル③

 こんにちは。
 今日はホワイトデーです。私も日頃の感謝の気持ちを込めて渡します。

 












 このブログを読んでいる男性諸氏(何人くらいでしょうか)、忘れないでくださいね。


 あらためてファイトケミカルを整理してみます。ファイトケミカルは大きく区分すると、ポリフェノール類、カロテノイド類、硫黄化合物の3つに分かれます。
 ポリフェノール類は水溶性のファイトケミカル、カロテノイド類は油に馴染む脂溶性のファイトケミカルです。ここまではビタミンと似ています。もう一つの硫黄化合物は、文字通り硫黄が持つ独特の香り成分の総称です。

 ポリフェノール類の代表的なものとしては、多くの野菜や果物に含まれるフラボノイド、ぶどうやブルーベリーのアントシアニン、赤ワインのレスベラトロール、緑茶のカテキン、大豆のイソフラボン、そば粉のルチン、ウコンのクルクミン、しょうがに含まれるショウガオールなどです。
 ポリフェノール類の摂取で注意したいのは、水溶性のために水で洗いすぎてしまうと、その一部が流れ落ちてしまうことです。茹でたソバの麺にはルチンがほとんど残っていないことは知られています。日本そばの店では、食後のそば湯を飲むとよいでしょう。

カロテノイド類の例としては、にんじんやかぼちゃに含まれるβカロチンやαカロチン、トマトや赤ピーマン、すいかのリコピン、ほうれんそうやブロッコリー、ケールに多いルテイン(ルテインとルチンは別物です)、パパイアやマンゴーのゼアキサンチン、えび、かに、さけ、いくらのアスタキサンチン、とうがらしのカプサイシンなどです。
カロテノイド類は脂溶性ですので、脂質と一緒に摂ると吸収が高まります。沖縄のパパイアイリチー(炒め物)は、その点でも理にかなっています。

硫黄化合物には、ニンニクに含まれるアリシン、同じくニンニクやネギ、玉ねぎ、にらの硫化アリル、キャベツ、大根、小松菜、かぶ、ブロッコリー、カリフラワー、ケールに多いイソチオシアネートがあります。
硫黄化合物は、抗酸化作用、殺菌作用、抗がん作用のどれをとっても強力です。ぜひ、毎日の食事に加えたいものです。
ただし、ニンニクの食べすぎには注意してください。腹痛や貧血を起こす可能性があります。


0 件のコメント:

コメントを投稿