2015年2月19日木曜日

亜鉛

おはようございます。先日、那覇市の与儀公園で桜が満開でした



 沖縄の桜というと、本部町の八重岳や今帰仁城址、名護城公園など北部のスポットが有名です。北部の桜はすでに散っていますが、南部では今頃のようです。
 桜は「南から始まって北上する」のが50年近くのの常識でしたが、沖縄では逆です。私にとっては、まだまだ不思議なこといっぱいです。


マグネシウムに続いては亜鉛です。亜鉛というと、一般的には味覚のミネラルとか、性のミネラルとかいわれます。しかし、それはあくまでも一面に過ぎません。
亜鉛は、マグネシウムに次いで250種類以上もの酵素を支える、準エース級のミネラルです。

タンパク質の合成を助ける、ビタミンCとともにコラーゲンの生成に関わる、皮膚や髪、爪の代謝に関わる、インスリン(血糖値を調整するホルモン)の生成を助けて糖尿病の予防に働く、記憶力の維持、前立腺の機能維持、など挙げれば切りがありません。

あるいは、肝臓における添加物やアルコールの分解を助ける役割もあります。ということは、コンビニや外食、加工食品が多く添加物を山ほど口から入れている人、もしくは大酒飲みの人は、それだけ体内の亜鉛が消費されて欠乏している可能性があります。
それをやめることが先決だとは思いますが、とにかく亜鉛を十分に摂取しなければいけません。
          
また近年では、風邪の早期回復やインフルエンザの予防効果があること注目されています。今の時期にしっかり摂取したいミネラルです。
だからなのかどうかは分かりませんが、亜鉛の含有量が圧倒的に多い食品は冬の味覚、牡蠣です。
牡蠣以外では、カニ、うなぎ、帆立貝をはじめ、牛肉や豚肉に豊富です。

以前の「メタビオン2」では、1日当たりの摂取目安量(15粒)に含まれる亜鉛の量は4,mgでしたが、新しいマルチビタミン&ミネラルでは、大幅に増量する予定です。


0 件のコメント:

コメントを投稿