2015年1月31日土曜日

甘酒

 こんにちは。前回はビタミンB群について書きました。ビタミンC同様にたっぷり摂っていただきたい栄養素群です。
 現在、琉球温熱療法院では、新しいマルチビタミン&ミネラル・サプリメントを開発中です。従来品よりもビタミンB群の含有量が大幅に増える予定です。それ以外の栄養素についても、おおむねバージョンアップする見込みです。
 発売は3月くらいになるかと思います。もうしばらくお待ちください。

 今回は、ビタミンB群にも因んだ、そして今の季節にピッタリの食品を紹介します。
 甘酒です。甘酒の原料は、大きく分けて酒粕と米麹の2種類です。病院で使用される点滴と似た成分で「飲む点滴」といわれているのは、米麹から作られた甘酒です。
 あれだけ甘いにもかかわらず砂糖不使用で、甘酒と名乗ってはいますがノンアルコールです。
 購入するときは、米麹のものを選んでください。

 甘酒には、腸にたまった有害物質を排出してくれる食物繊維、ビフィズス菌のエサになって善玉菌を増やすオリゴ糖が豊富です。
 免疫細胞の7~8割は腸に集中していることが分かっています。甘酒を飲むと腸内環境を整えることができるので、免疫力アップが期待できます。
 そして、米麹の甘酒にはビタミンB群もたっぷり含まれています。

「甘酒は甘ったるくて、どうも・・・」という人には、豆乳ミックスという手があります。 サラッとした口当たりになり飲みやすくなります。
 これは我が家でも好評です。甘酒と豆乳を2:1から1:1の間で混ぜてください。
 違う飲み方として、一口大に切ったリンゴを入れて、さらにシナモンパウダーを振りかける、というデザート風の楽しみ方もあります。ぜひ1度試してみてください。



 早いもので1月も今日で終わりです。2月も充実した1カ月にしたいですね。
 風邪やインフルエンザには、くれぐれもご注意してください。ビタミンCをたっぷり摂りましょう。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿