2014年12月30日火曜日

御礼参り

 おはようございます。早いもので、今年も残すところあと2日です。
 そして、このブログも100回目の投稿となりました。ここまでで8000PV(ページビュー)を超えています。拙いブログにもかかわらず、お読みいただいている方に、あらためて感謝申し上げます。

 その感謝の意味も込めて、ちょっといい(と私が思い込んでいる)話を一つ。

 私が15年以上、年末の恒例としている習慣があります。大晦日に神社に行くことです。神社に行って何をするのか。
 願い事はしません。苗字に「神」の1字を持ちながら、私は神も仏も信じていません。ですから、5円や10円のお賽銭で願い事が叶うとも思っていません。ちょっと虫がよすぎるような気もしますし。
 
 願い事ではなく、1年間のお礼を言いに行くのです。この1年お世話になった人、教えてくれた人、助けてくれた人、遊んでくれた人、その一人ひとりの顔を思い浮かべながら、感謝の言葉を伝えます。
 これが思い切りできるのは、初詣よりも大晦日です。ほとんど誰もいないからです。後ろからのプレッシャーもなく、落ち着いて、気の済むまでお礼を言うことができます。

 私は毎年、大晦日の御礼参りを終えて、気持ちよく1年を締めています。
 ご関心のある方は、大掃除を終えたあと、ぜひ神社に出かけてください。

 では皆様、風邪などに気をつけて、よい新年をお迎えください。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿